俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

釣り餌の感想。 切り身編

ぬし釣りシリーズ(たぶん全て)には、餌画面にちょっとした機能がある。 ボタンを一度押すことで、餌の付け方を変えられるのだ。 例えば、イソメのところでボタンを押せば、『カットする』か、『房掛け』にするかを選べる。 同様に、魚系の餌のところでもボタ…

投げ釣りポイント探し 僕の方法編。

つくづく思うが、やっぱり投げ釣りが楽しい。 遥か彼方へ仕掛けを飛ばす爽快感。 目に見えぬ獲物を待つ昂奮。 そして釣れた時の喜び。 投げ釣りに限った話じゃねーじゃんというツッコミはさておき、やっぱり僕は投げ釣りが好きである。 では、そんな僕である…

やっぱりフカセを川釣りでやってみると面白かった。

僕は釣りに関して、固定観念があまりない。 それはきっと、ゲームから釣りを始めたためだ。 その世界では、磯竿5号に玉ウキを付けたり、延べ竿にジェットテンビンを付けたりすることが許される。 そしてそんなクソみたいな状態で、クロダイだのシロギスだの…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~刺身用というのを初めて見たもので~

最近、祝日があった。 日月も、特に仕事は無かった。 しかし、釣りには行っていない。 それは、僕がインフルにやられたから。 猛烈な熱と関節痛は、正直かなり辛かった・・・。 そんな状態になる数日前。 僕はもはや習慣となってきた、週末のスーパー巡りに繰り…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~お前はどっちだ?~

最近の休日は、天気が荒れたり、連休がなかったりする関係で、釣行は渋りがちだ。 これは、天気と僕の意欲が回復するのを、ただただ待つしかない。 一方、別の楽しみが出てきたのもまた事実。 最近の休日は、とりあえず何かしらの魚を買ってきて、やたらと凝…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~アラカレーリベンジ!~

前の記事で、僕はデビラカレイの干物を賞味した。 pochihiko-inunosuke.hatenablog.com ダシを取るという我ながら画期的な調理法だ。 オマケにめちゃんこ美味かった。 ・・だが、まだ残っていたのですな。 冷凍庫の隅で、ひっそりと凍っているダシ。 うむ、何…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~干物の可能性を探る~

先日、あるモノを頂いた。 これだ。 デビラカレイの干物である。 今でこそ酒量を減らしているが、僕は大酒のみの部類に入る。 干物の美味さは身に染みて感じる。 しかし、今回はさすがに手をこまねいている。 何故か? その量だ。13匹も入っている。 この干…

水族館に単焦点レンズを持っていくと楽しい。

今日は短めで、 とりとめもないことを書いてみる。 僕の趣味の一つに、カメラがある。 とはいえ、財力的に限界があり、 高いレンズとかに垂涎などはしない。 しかし、買ってよかったレンズがある。 いわゆる単焦点レンズだ。 簡単に言えば、被写体の背景が …

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~はじまり~

今日は久しぶりにして貴重な休み。 それまでの平日は仕事が終わった後、様々な釣果状況に目を通し、自分のテンションを高めてきた。 僕の中では、本虫と砂虫を買って、カレイと根魚を同時に狙うプランが確定していた。 しかし。 前日の時点で、外を見て愕然…

意外と危ねぇ魚たち。

先日、とあるスーパーの鮮魚コーナーで、フグを肝ごと売っていたとのことで、全国的なニュースになっていた。 とてつもなく危ない話だ。 天然のフグの肝は猛毒(テトロドトキシンなどの神経毒)を蓄積しており、簡単に言えば食ったらそれを冥途の土産に、黄泉…

厳寒期のボウズ逃れ防止策をまとめたい。

先週、僕の居住地が凍り付いた。 降雪はさほどでもなかったが、厄介なのはその後の凍結だった。 アパートの階段も、氷の彫刻の如く凍り、何度か転倒・滑落しそうになるハメに。 あわや臨終の地がそこになるかと思うこともあった。 そんな状態で釣りに行くワケ…

2018年のお品書き(多分に希望的観測を含む)。

このブログを開設してから、そろそろ丸3年が過ぎようとしている。 記事の数こそ充実してきたが、僕としてはそろそろコンテンツを増やしたりなんたりしたいとずっと感じている。 理由はシンプルで、僕が超飽き性だから。 それなのにブログそのものを続けられ…

そろそろ開設3年だし、120000ヒット超えたし、過去の思い出をただただ書いてみようと思うだけ。

ハッキリ言うと、僕自身もう休みが今年、無い。 気温もだだ下がりであり、実釣系の記事は書ける気がしていない。 でも、このまま一月以上ブログを放置するのはそれ以上に嫌だ。 となれば、タイトル通りのことをするしかないワケで。 今まで書いた記事は110近…

冬なので・・・。ちょっと違う食い方で魚の食味を考える。

寒すぎる。どうやら僕のいる地域は雪が降るという噂もある。 勘弁してくれ。釣りどころか外に出るのもメンドクサイではないか! ・・・やむなし。 忘年会等が立て込んで、公私共にワヤな状況なので、しばらくはお茶濁し企画で色々頑張ろうっと。 ということで、…

謝辞。

気付くのがものすごく遅れたのだが、実はこのブログ、こっそり10万HITを超えていた。 (現在12万HITを超えている) 細々とやって、とりとめもないことを書いて、約3年。 とにもかくにも読んでくれた方々にただただ感謝である。 「102種類の魚を求めて」「色々…

出不精と外出欲の葛藤。~そして己が出不精の倒し方~

僕は胸を張って釣りが好きだと言える。 だからこそ釣具屋で1年半くらいバイトをしていたし、たまに船に乗るし、車には常時釣り具が積んである。 人生を賭けて追いたい夢の一つは、クロカジキを釣ることであり、その一環として英語力と筋力は日々鍛えるように…

寒波と霧雨に耐えた果て。きまぐれ釣行with砂イソメ ~晩秋の楽しみを見つけたよ編~

寒い。 言ったか言わずか、僕は山口県在住であり、現在寒波が訪れているエリアに当たる。 木の葉は急ピッチで色付き、紅葉をすっ飛ばして山吹色になりかけてもいる。 そんな折、久しぶりに釣りへと出かけた。 仕事仕事でパツパツの日々を過ごし続けてきたの…

釣りとビジネスの共通点とは。

釣りに行く予定だったのに台風が来た。 テンションは急下降であり、なんかもう、ストレスにはならないが覇気が消えてしまう。 つーことで今日は、僕が釣りを通して日頃から感じていたことをただつらつらと書くことで、それを紛らわせようと思う。 それはタイ…

魚種特定のプロセスを簡単にまとめる。

僕は5歳くらいの頃、祖父から色々な図鑑を与えられた。 まだ文章が読めるレベルではないけれど、本を読むという経験を積ませたかったのか、他の理由かは分からないが、とにかく僕はそれにドハマりした。 特にその中でも魚図鑑に心を奪われた。何度も何度も読…

ミクロなフィッシングが意外と面白い。

皆さんはどれくらいの大きさの魚を釣るのが好きだろうか。 ちなみに、サイズより魚種な僕だが、少なくとも20cmくらいはないと実は釣る気にならない。 最大の型は大きければ大きいほど良い。 僕の最終目標は、オーストラリアの海原に繰り出し、クロカジキをト…

釣り餌の感想。 僕に爆釣をもたらしたモノ達編。

需要を読むというのは本当に難しい。 常日頃、仕事をしていても思う。 ニーズを客観的に判断するのは、100%の達成度では不可能だと感じている。 それはこのブログでも同じである。 アクセス数上位の常連は、何故か釣り餌について所見を述べたそれなのだ。 …

秋にするキャンプのススメ。

秋である。 夏休みが終わり、陰鬱そうな顔をしていた中学生も、次第に顔色が戻ってきたという具合である。 夏といえば海だのキャンプだの、キャッキャするイベントが多いが、秋は少しばかり落ち着くイメージだ。 ・・・何故だ? 海水浴はちょっと寒いが、プール…

釣りを教えてと言われたら? 対女性編

遡ればもう2週間近く前の話。 僕は友人に誘われるまま、海水浴に出かけたのである。 未開の砂浜に潜む罠を纏めてみる。 - 俺のぬし釣り これね。 で、ここで棚ぼたというか、なし崩しというかで、同行者の女子に釣りをレクチャーしなければならない場面があ…

未開の砂浜に潜む罠を纏めてみる。

夏。海。海水浴。 何千何万と喧伝されるフレーズである。 その為か、この時期になると海水浴場には人が溢れかえり、室内よりも暑いなんて状況もしばしばである。 そんなことを考えていると、ある友人から海水浴に誘われた。 聞けば、瀬戸内海のある島に、誰…

外灯の下を観察すると結構面白いという。

夏、外灯、夜中にて。 https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK752_usuguraikaidan15040150_TP_V.jpg 飛んで火にいる夏の虫という言葉の由来が毎日見られる季節である。 バチンバチンと天に昇る虫たちはどういう気持ちなのだろうか。 とかそういうセ…

Hagi for squids ~烏賊童貞卒業~

釣り歴が22年目になった。 大抵の魚種は釣ってきたし、したことがない釣法もかなり少なくなってきた。 (雑誌にも登場しないような超ローカルなそれとか、新興の釣り方は除く) だが、そんな僕だが、イカを釣ったことが一回も無かった。 タコなら正直10杯くら…

個人的神器のご紹介。 その1 チョメリグ

自分で言うのも何だが、僕は大抵の釣法をやってきた自負がある。 全く手を付けてない上、興味もあまり湧いてこないものは、フライとか磯とかヘチ釣りとかになるが、多分誘われて実行すれば普通にハマる。そういう人間である。 でだ。 その中でも僕が一番する…

ペットとしての可能性を考える。 さかな編

僕は想像通りの独身であり、今後もそうである予定なのだが、ここにきてペットが欲しいと感じるようになってきた。 極稀に同居人(Gで始まるアイツとか、脚が8本ある軍曹とか)が顔を見せてくれるが、殺意しかわかないのでなんだかなぁ。 周りの友達は猫とか犬…

夜のアジ釣りに、今さら人生初チャレンジしたの巻。

最近、日本海側のとある防波堤へアジを釣りに行った。 先輩に誘われたためで、自発的に企画したわけではないのだけど。 ジャンルとしてはアジングってやつになり、僕があまり得意としない釣法である。 ターゲットはアジの他、メバルとかカサゴとかセイゴとか…

ボウズになるときのパターンを纏めてみた。

ボウズ。 言わずもがな、魚が一匹も釣れなかったときの状況を指す釣り用語であり、使っていてテンションが上がるものではない。 語源は恐らく毛が一本もない頭を見立ててのことだろうが、意味が回りくどいにもほどがある。 でだ。 進んでこれになりたいとは…