読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

ドブ川でシーバスロッドを振る。

今回は昨年の4月中旬のお話。

仕事が休みのとある小春日和、僕は川と言えば川、ドブといえばドブ、そんなところへ、とある魚を釣りに出かけていた。

 餌は市販の練り餌。

確かメーカーはマルキューだったと思う。

 

ロッドは、プロマリンのシーバスロッド。

正直お手頃価格の竿だけど、シロギスなんかを狙うちょい投げ等にしか使わないので、僕は満足して使っている。

 

そしてリールは、ダイワのレブロス2500。使ったラインはPE1号。

尚、ウキ釣りで今回はチャレンジ。

 

ドブっぽい川で使うには結構しっかりめの仕掛けだが、これで何を釣ったかというと・・

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150117195656j:plain

コイである。

ちなみに、比較用のサンダルは約26cm。

 

身近にいる魚ながら、仕掛けは割と頑丈めにしないとちょっとキツい。

書き忘れたが、リーダーは4号のフロロカーボンのものを使った。

針はコイ針の8号とかそれくらい。

 

リールの調整が緩かったのか、コイが引くとラインがガリガリ出てとても楽しかった。

ドブのほとりでいい大人がなにやってんだろうという思いはあったけど・・・。

 

ということで、このブログの記念すべき1種類目は

 

「コイ」

です。

 

あと101種類!

先は長い!

 

まとめ

  • リールはとりあえず2500番で対応できるが、60cmオーバーとかになると多分無理。
  • ドラグ(糸が出る硬さを調節するところ)は緩めとくと楽しいが、なかなか引き寄せられないのでちょっとしんどい。
  • ウキ下の深さは底から+10cmくらいでヒット。食いが渋いのかアタリは2時間で2回のみ。内1回はラインブレイク。