俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

山上湖。

これはちょっとした遠征のお話。

昨年11月半ば、僕は友人3人を連れ立って、とあるダムの管理釣り場を訪れていた。

 

ダムの名は「香六ダム」。

そしてそこにある管理釣り場の名は「フィッシングレイクたかみや」。

中国地方にお住まいの方は聞いたことがある名前かもしれない。

 

フライとルアー釣りのみOKで、対象魚はニジマスブラウントラウトなどが狙える、広島県内でも有名な管理釣り場である。

今回、僕たちは「ルアー」で挑戦してみた。

 f:id:pochihiko_inunosuke:20150119230648j:plain

用意したルアーはこんな感じ。

スプーンをメインに、クランクなどを少々。

手前の銀色と銀緑色のイモムシみたいなルアーは、ダイワの「イモラ」である。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150119230852j:plain

到着直後は霧が深く、気温も低かった。

しかしながら、ニジマスらしき魚が数多く水面から跳ねるなど、活性は悪くない様子であった。

手始めに、僕は金色で1.5gのスプーンをチョイス。

だがルアーへの反応はそこまで良くなく、友人3名含めてアタリの一つもない状態が続く。

 

そのまま1時間程粘っていると、水面すれすれをずっと引いていた僕に何かがヒット!

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150119231145j:plain

30cmほどのニジマスである。

これを皮切りに、友人たちにも立て続けにヒット。

周りで釣っておられた方にも、多くのニジマスが続く。

どうやら今日のヒットカラーは「金」及び「赤」らしい。

その後は反応が悪くならないよう、ルアーの種類やカラーを変えてひたすらトライ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150119231358j:plain

霧が晴れるとこんな感じである。

このぐらいの気候のとき、一番反応が良かった気がする。

 

その後もアタリは数多くあるものの、針掛りが悪く数が伸びず。

4時間程の釣行で、この日は納竿とした。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150119231609j:plain

結果。

一番多く釣ったのは友人の7匹。

彼が使用していたのは、1.5gの金色と赤色のスプーンであった。

 

ちなみに僕はアタリ6回に対し、釣り上げたのは1匹のみ。

もっと精進しようと思った。

 

だが、悠大な山々に囲まれた中での釣りは、とても開放的で楽しかった。

また暖かくなったら来ようと思う。

 

これで残りは97種類である。頑張ろう。

 

まとめ

  • この日のヒットカラーは金及び赤であったが、いつもそうとは限らない。
  • クランクへの反応は0であった。
  • 11月でも県北は冷えるので、防寒対策はしっかりと。