俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

とても 楽し 夜釣り。

これは去年の6月のお話。

アップするの忘れてました。

 

僕は友人2人を連れ立って、とある港へ夜釣りに行った。

ターゲットは「アナゴ」。

 

さてさて、結果はどうだったのか・・・。

 釣り場はこんな感じ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150127211641j:plain

写真ではちょっとわかりにくいが、地味に浮島である。

周りにはメバルの稚魚がウヨウヨしていた。期待はできる。

 

今回用意した餌は大ぶりの青イソメ。

針は夜光パイプや夜光ビーズが付いた市販の投げ仕掛けをチョイス。

ちなみに号数は12号くらい。

その仕掛けに青色のケミホタルをセットして、置き竿で待った。

方向は写真奥に向かって、30mほどのちょい投げでトライ。

 

すると開始30分目で竿先を小突くようなアタリが。

軽く合わせて巻き上げると、35cmくらいのアナゴが釣れた。

小ぶりなのを除けば出だしは上々である。

 

その後も30分に1匹のペースでアナゴがコンスタントに釣れる。

 

しばらくすると、変なアタリが竿に。

ゴミでも引っかかったようにとにかく重い。

慎重に巻き上げてみると、それは70cm近くにもなるテナガダコであった。

青イソメにタコが来るとは思わなかったので、少々意外である。

 

その後はタコは釣れないものの、アナゴはちょいちょい釣れ続けたが、餌が無くなり日付が変わると同時に納竿とした。

 

結果。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150127212243j:plain

比較用の靴は26cm程。

 

今回は本命が釣れてほっとした釣りであった。

また、青イソメでタコが釣れるという発見も大きかった。

夜釣りは日が出てる時とは違った楽しみがあるなと実感する次第である。

 

これで残り95種類。順調。ということにしておこう。

 

まとめ

  • 青イソメでタコが釣れる。
  • ケミホタルや夜光仕掛けなど、光るものはアナゴに効果抜群である。