読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

意外?な調理法。 その1

今回は、魚、及び海産物の食べ方について述べようと思う。

大抵、1種類の魚につき、2つ3つは定番の食べ方がある。

 

アジならフライや塩焼き。

サバなら竜田揚げか煮付け。

カレイなら唐揚げかこれまた煮付け。

サケならムニエルかソテー。

こんな具合だ。

 

だが、定番以外にも意外と合うレシピは数多く存在する。

ということで、今回は僕自身が試してみて、実際にとても美味しかった調理法を3つほど紹介する。

 

1 アジ

アジといえば、一説には「味が良いから」アジと名付けられたと言われる程、美味で親しみのある魚である。一般にはフライや塩焼き、刺身などで食べられる。

だがここで一手間かけると、また違った美味しさがある。

 

僕はアジのユッケが大好きだ。

三枚おろしにしたアジを細く切り、ユッケのタレを使って混ぜると、ピリ辛な味付けで食欲が湧く。酒のツマミにぴったりだ。

レシピについては以下に詳しい。

アジのユッケ・サラダ風 1 アジをおろします|魚料理と簡単レシピ

 

2 ワカメ

ワカメといえば、よく味噌汁の具やふりかけ、サラダなどに使われる海藻だ。

だが、それ以外の調理法を挙げてみてと言われて、どんなものが浮かぶだろう?

意外と調理の幅が狭いイメージがあるのがワカメである。

 

そんなワカメを天ぷらにするのが僕のオススメだ。

衣をつけてぱりっと揚げると、おやつやツマミに丁度いい。

ワカメには血中コレステロール濃度を下げるアルギン酸なる成分が含まれている。

もっとワカメを食べやすくする為に、天ぷらはきっと一役買ってくれるだろう。

コツとしては、高温で揚げることに尽きる。

低温だととてもべちゃっとした仕上がりにあるので、注意が必要だ。

 

3 アラ

魚のアラとは、調理の過程で出てくる頭や腹骨、背骨、皮などを細かく切って商品化したものである。非常に安価なのも特徴だ。

これは煮込んだり焼いたりする以外に食べ方が無いように思われる。

だが、アラはカレーにすると意外に美味しい。

出汁が満遍なくルーに流れ出るため、コクが増す。もちろん、身も食べられる。

注意点としては、そのまま煮込むと骨がバラバラになって食べづらくなる為、ザルなどに入れた状態で煮込むなどの工夫が必要である。

 

とりあえず、以上の3つを今回は紹介した。

僕自身、まだまだ色々な調理法を試している最中である。

今後も色々な調理法を、この場を通じて発信できればなと思う。

 

もちろん、主題である102種類の魚を釣ることもおろそかにならないようにして。