俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

広島防波堤釣行 午前編 ~腐ったマキエに魚はくるのか~

前の記事の終わりでも少し触れたが、先日久しぶりに魚釣りに行ってきた。

場所は、広島県廿日市市にある木材港。

1人で行くのもなんだったので、ほぼ未経験者の友達2人を引き連れて向かった。

 

ちなみに本命は「イワシ」。

ということで仕掛けはサビキ仕掛け。

 

さてさて、肝心の結果はどうだったのか?

早速当日の様子を振り返ってみよう!

 

 

腐ったマキエ発掘。

 

釣りのお話の前に、こぼれ話。

ある日家の倉庫を整理していた僕は、ホコリを大量に被った、白いビニール袋を見つけた。

持ってみると結構重いし、まあまあ大きい。

「何だろう?」と思って袋を開いてみると、中から出てきたのは3つの「マキエ」。

これを見た瞬間、1年半前に魚釣りに行こうと思って買ったものの、なんやかんやで使わず持って帰ってきたものだと思い出した。・・・大丈夫なのか?

とりあえず匂いを嗅いでみる。未開封だからか、無臭である。変色もない。カビもない。

「よし、イケる。」と僕は確信したが、同時にさっさと使い切ってしまいたくなったので、今回の魚釣りを企画した。というわけである。

 

いざ釣り場へ。

 

つつがなく全員集合し、釣り場へ出発したのが朝6時。

出発してしばらくすると、なんと雨が降り始めた。

が、もう出発しちゃったしということで強行することに決めた。

 

ナビや事前情報を頼りに走ること1時間。

それっぽいところに到着したので、早速釣りを開始した。

 ちなみにここである。↓

 

そして問題のマキエ。

 f:id:pochihiko_inunosuke:20150722174129j:plain

傍目には大丈夫であるが、常温保存タイプのオキアミが不安である。

この後意を決して全部開封してみたが、粉タイプのものはとりあえず大丈夫であった。

が、オキアミはというと、色、質感はどうみても○痢。匂いは特に無かったのが幸いであった。ちなみにちっちゃいエビは、エサがどうにもならなかった時に備え、釣行前日に買ってきたものである。もちろん、新鮮そのものだ。

 

無事にマキエを調合し、海水を適宜加えて固さも調節。早速釣りを開始した。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150722174302j:plain

尚僕は、魚が釣れ始めるまで、今回は2人のサポートに徹することにしていた。

 

おまけ

釣り場から見た景色。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150722174419j:plain

 

1時間後。

アタリも魚影もないまま、突然の豪雨。

慌てて車に避難するも、一瞬で全身ずぶ濡れに。テンションも当然直下降である。

しかし運の良いことに、30分もすれば天気が回復したので、釣りを再開。

イワシ、アジ、もういっそボラでもいいから何か釣れろ!と願いながらマキエを打ち続ける僕。すると、友達の1人(以後Fと表記)が声を上げる。

 

F「なんかでかいのがおる!」

 

「やっときたか!」と、急ぎ海面を確認する僕。するとそこにいたのは。

 

60㎝ほどのトビエイであった。

コイツらが入ってきたら釣りにならない・・・。

時刻はその時朝8時30分。この日の満潮は11時30分。

僕たちは、釣り場を移動することに決めた。

 

 おまけ↓

最初の釣り場の魚分布図を、ぬし釣りっぽく作ってみた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150722174513j:plain

 

第2の釣り場へ。

 

その後、僕らは防波堤を転々とした。

草津港、廿日市港と回ってみたが、立ち入り禁止だったり、人がわんさかいたりと、とても潜り込める雰囲気ではなかった。

海を覗いてみても、居るのはメバルやカワハギの稚魚ばかり。青物の姿は全く見えなかった。

 

ということで、あんまりうろちょろしても仕方ないと判断し、もう一度木材港近くへ戻ることに決めた。

 

そして次のポイントはここ。↓

早速仕掛けを準備する友達と、マキエを打ち始める僕。

そして準備が終わろうかという段階になって、また奴らが現れた。

今度はFではなく、もう一人の友人Iが叫ぶ。

 

I「なんかめちゃでかいのがおる!」

 

見れば、1m超のトビエイが6匹ほど、悠々と海面を泳いでいた。

即座に僕らは撤退を決めた。

今度はいっその事ジギングロッドでも持ってきて、奴らと勝負したろうかな。

僕の心は荒んでいた。

 そして分布図。↓

f:id:pochihiko_inunosuke:20150722174534j:plain

最後のチャンス。

 

時に10時20分。満潮までもう時間がない!ということで、もう適当に目についたよくわからない、港でもなんでもないところにヤマを張った。

言葉で説明すると、道路の行き止まりがガードレールになっていて、その向こうが全部海。そんなところであった。

 

ちなみに場所はここである。↓

 

だが着いてよくよく海面を見てみると、何やら小さい魚がチロチロと泳いでいる。そして遠くでは、何やらデカい魚がボッチャンボッチャン跳ねている。

 

「ここならなんか釣れるんじゃない!」と僕たち3人は一瞬で興奮し、全力で仕掛けを準備した。そして数分も経たない内に仕掛けを投入。僕も全力でマキエを打ち込んだ。

 

すると、小魚も、跳ねてた魚も、段々とマキエを打ったところに寄ってくるではないか!

僕ら3人のテンションは最高潮になった。

 

・・・が、現実は酷であった。

跳ねてた魚はボラ。しかも、寄ってくるだけでサビキ針に一切掛からない。

そして、チロチロしてた小魚は、イワシではなくミクロサイズのサヨリ

大きさは約3㎝ほど。当然サビキ針には掛からない。

 

そうこうしていると、遂に満潮の時間、AM11:30になってしまった。

完全にしょんぼりする僕達一向。だが、このままボウズで帰るのも、帰らせるのも、すごく嫌だし申し訳ない!

 

そこで、

僕「昼からは、気分を変えてシロギスだ!」

 

と一言ぶち上げてみた。

すると、FもIも「いいね!」とすごく乗ってくれた。

ということで、一旦食休みと、エサの購入を挟んでから、僕たちは急遽「シロギス狙い」に切り替えるのであった!

 

午後編につづく!

 

おまけ。↓

最後のポイントの分布図。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150722174628j:plain