俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

野草を食べ、いや、飲んでみよう!

前回の記事を書いてから、僕の心には引っ掛かるものがあった。

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

確かに野草を実際に食って、美味いだの不味いだの言ったけど、それは一面に過ぎないのではないか?天ぷらで食ったら不味いだけで、他のやり方なら美味いんじゃないか?なにより、たった1つの面だけ見て、コイツはダメだとかいうなんて、男として小さくね?などなど。野草ひとつで、僕の心は大鍋の中で煮込まれるスープのごとくかき回されていた。

 

ならば、別のやり方で、もう一度野草を味わったらぁ!

  

前回から約3ヶ月、僕は再び野草と向き合うことを決めた。

そして、調理して、皿に盛りつけて、咀嚼して味わうという賞味の仕方も、大きく改めることにした。それが、今回思いついた、「飲む」という方法である。

野草を飲む形にするには、ミキサーでジュースにするのも考えたけど、多分お腹を壊すのでやめた。お腹を壊さず野草を飲む方法・・・。考えて3分。天啓がきた。

 

「お茶にして、飲めばいいじゃん!」と。

 

決意してからの行動は早い。

早速身支度を整えて、僕は意気揚々と野草を摘みにでた。が。

暑いからあまり散策できないし、季節はすっかり夏だしで、前回採れた野草がほとんど見つからない。

結局、30分粘って見つけたのは、ヨモギタンポポ、スイバの3つだけだった。

ツユクサとオオバコには期待していたんだけど、まぁ仕方ないね。実験という要素も強いから、むしろ3種類で丁度いいかもしれない。

とかなんとか言い訳しながら、とりあえず採取した野草は天日干しにした。

 

イメージだが、乾燥した茶葉にお湯かけて、しばらく置いたらお茶になると僕は思っていた。ということで、それに則ることに決めていた。今思えば、無知にもほどがある。

 

そして夜。すっかり乾燥した野草を前に、僕は意気込んでいた。

「今日こそ本当の味をみてやるぜ!」

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162416j:plain

左から、ヨモギタンポポ、スイバ。

まずは鍋で適当に湯を沸かしておく。

待ってる間に、皿の上にざるを置いて、お茶を濾す網の代わりにした。

で、乾燥した野草を細かく千切ってからざるのなかに入れて、そこにお湯を投下。

5分待ってから、ざるを使って野草の残骸を取り除き、お茶のみをいただく。

というルーティンで今回は行った。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162435j:plain

ざるにヨモギを入れて。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162451j:plain

 

お湯を入れて、待つ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162507j:plain

5分後。ほんのり緑がかってる。適当な割には、抽出できてるやん!

 

よし、飲んでみよう。いただきまーす。

 

うん。くせぇ。

ヨモギの独特の臭みが、あますことなく溶けだしてる。くせぇ。

体には良さそうであるが、刺激臭が強めで、正直おえってなってしまった。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162535j:plain

気を取り直して、タンポポ

 

写真撮り忘れたけど、5分待っても無色のお湯だった。

飲んでみたけど、これまた無臭。僅かに鉄の味がしたけど、多分鉄でできたざるのせいだと思う。

ただ白湯を飲んでるのに同じなので、飲みやすくはあった。

なんか違うという思いはあったけど。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162552j:plain

最後、スイバ。

 葉っぱがデカいからちょっと期待。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162607j:plain

抽出。なんか細かいゴミが浮いてる!

 

意を決して飲んでみた。

ん?ほんのり酸っぱいぞ?

天ぷらのときには感じなかったのにな。不思議な一面を垣間見た。

美味しいかどうかでいえば、「別に」と言わざるを得ないけど・・。

 

ここまで結果が見事に散々だと、僕もちょっとやけくそになる。

ということで、3種全部をブレンドしてみた。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150805162654j:plain

多い。

 

よし、これで何かが変わるはず。

 

ぐびっとな。

 

うん、くせぇ。薄めのヨモギ茶ができただけであった。

残したら勿体ないので、泣きながら飲み干した。何の苦行かと思った。

とりあえず現時点では腹痛はないが、明日はどうなるかわからない。

なんとも不安なお茶会であった。

 

まとめ。

 

ここまで不味いということは、僕の作り方が多分マズいということだろう。

もっと量を増やすとか、もっとしっかり天日干しするとか、改良点はたくさんある。

あるけど、僕のモチベーションがない。今度また野草モノをしたくなったら、きっと別の食べ方でやると思う。

 

一応念を押しておきますね。

マネ、したら、ダメ、ゼッタイ。

当方では責任を負いかねます。マジで。