読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

釣堀のススメ。 弁天池編

僕の持論だが、「魚釣りしてみたい!」って人は、まずゲームから入って、次に釣堀に行くと良いと考えている。

理由を簡単に言うと、まずはバーチャルな世界という非常にハードルが低いところで魚釣りの感じを知っておいた方が、スムーズに現実のそれに入りやすいからというのが1つ。

そしてもう1つが、釣堀というまず間違いなく釣れる場所で、魚が釣れる感覚と楽しさを存分に味わってほしいためである。

その後川に行くか海に行くか、いっそ船で沖に出るかは、その人の趣向による。

ちなみに僕は、全部行く。

 

閑話休題。そんなことを考えていたら、友人の一人から「釣りがしてみたい」という話がきた。一発目ということでオススメのゲームを貸しても良かったけど、せっかくなので、僕が好きな釣堀へ、一緒に行くことにした。

 

それが今日ご紹介する「弁天池」である。

ここであのニジマスを狙った。このブログにニジマスが登場するのは3回目だろうか。

ま、いっか。

  

正しくは別府弁天池というみたいだけど、僕らは弁天池と略して呼んでいる。

ここには面白い逸話とかがあるんだけど、全部詳しく載せていたらかなりの長文になってしまう。

ということで、アクセスと合わせて、下記サイトをご覧いただけると有難し。

www.karusuto.com

 

9月某日。

朝の9時に現地集合し、軽く弁天池観光をすることに。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911201959j:plain

風情がすごい。

朝方に至っては、もう秋と言ってもいいくらい寒い。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202018j:plain

全国名水百選の石碑。

実はこの弁天池の水は美味しいことで有名で、地元の方が大きなポリタンクを持って水を汲みに来る光景は年中見ることができる。汲むといっても、ちゃんと蛇口はあるので安心してほしい。

そして何より弁天池を語る上で外せないのが・・・。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202541j:plain

ちょっとわかりにくいが、水の蒼さである。

正直、ここ以外でここまで蒼い水は見たことがない。

もっと綺麗な画像は、Googleで調べたら山ほど出てくるので、興味のある方は探してみてほしい。僕の腕では綺麗に撮れなかった。

 

この蒼い池を通り、看板の案内にしたがって進むと、養鱒場へと出る。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202053j:plain

数も活性も良い感じだ。

ちなみに料金は竿1本300円、餌とバケツ付きで、釣り上げた魚は必ず買い上げとなる。(ニジマスはとても弱い魚である為、一度釣り上げたものをリリースしても、死んでしまうんだとか)

ニジマスの値段は100g170円だったかな。軽く説明を受けたら、いざ出陣。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202149j:plain

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202204j:plain

場内はこんな感じ。餌は練り餌だ。反応も上々で、なんと開始1分で1匹釣れてしまった。

仕掛けが竿と糸と針だけのシンプルなのも、また味があって嬉しい。

 

ここからはあれよあれよと釣れ始め、友人もすっかり興奮し、釣りの虜になってしまったようだった。それをみて、非常に僕も嬉しいと思ったのは、また別のお話。

 

50分後。餌が無くなった為終了。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202236j:plain

結果は12匹の2.7kgくらいだったかな?値段は二人で4400円。トントンだと思う。

 

さて、この弁天池の良いところは、釣ったニジマスを調理してくれる施設があるところだ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202259j:plain

今回はこの社の裏にあるお店にお願いした。

 

メニューは3種類。あらい、塩焼、フライだ。

今回はあらい3匹、塩焼5匹、フライ4匹という配分にした。

1匹300円の別料金が発生するが、1から調理してもらえるので、お値段以上にとてもありがたい。生ごみも全部処分してもらえて、素人が作るよりはるかに美味しくしてもらえるのなら、僕は迷わず払う。

ちなみにあらい以外は、パックを貰って持って帰ることも可能だ。

 

その後は座敷に上がって、料理が出来るのを待った。

縦長で広い空間に、少し古めの畳が敷き詰められている。長机と座布団という簡素な客席だったが、これが雰囲気にマッチしていて実に良い。

壁も木でできた素朴なもので、一昔前の有名人の白黒写真が何枚かかけられており、非常に良い味を出していた。

そして時刻はまだ10時とかそんなだったので、大き目の窓から吹き込む風もまた涼しく、ツクツクボウシの鳴き声が、風情があって心に沁みた。

そしてその窓からは、これぞ山の中と言える、木が青々と茂っている光景が見えた。

丁度木陰にあるお店なので、室温湿度がとても快適だったのも嬉しい。

 

やっぱ自然の中って最高だな!とか語り合っていると・・・。

 

1品目、あらいが出来上がった。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202352j:plain

 もうテンションはマックスである。

そのままでも美味い!酢味噌でも美味い!醤油で食べたらもっと美味い!

 

興奮冷めやらぬまま、2品目、フライも届く。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202418j:plain

これまた最高だ!淡泊な白身は、クセが無くてとても食べやすい!タルタルソースがまた美味いんだなぁ~これが!

 

すっかりはしゃいでいた僕たち。

すると、3品目、塩焼が届く。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202443j:plain

これまた美味い!塩気がたまらねぇ!脂もちゃんと乗ってる!皮も美味い!最高だ!

 

興奮しながらニジマスを満喫し、家へのお土産として塩焼1匹とフライ3切れをそれぞれ残し、お店の人に、自然に、ニジマスに感謝し、合掌してご馳走様とした。

 

さて、お腹は満足なのだが、時刻はなんとまだ朝の11時。普段ならまだ寝ている。

 

せっかくなので、白糸の滝という滝を見に行くことにした。

 

アクセスや詳細はこちらを参照してほしい。

www.karusuto.com

 

弁天池からは約15分、ぬかるみまくった山道を登り、駐車場に停めてからは300m程徒歩である。

 

道沿いに行けばまず迷わないので、そこは心配ご無用。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202621j:plain

立派な滝が出迎えてくれた。

ひょえー、今日は水量がすごいなぁ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202642j:plain

不動明王像もあった。厳かだ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202658j:plain

カメラのF値とやらを大きくして撮ってみた。

これはこれで。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150911202712j:plain

帰り道には、かっぱのつがいの像もあった。

 

そしてこの日は、白糸の滝で解散とした。

 

シーズンはやや外れているけど、逆に混雑することなくゆったり楽しめるともいえる。

弁天池でのニジマス釣り。

 

とても楽しかった!超オススメである。

これからは色んな釣堀を巡るのも悪くないな。

 

また一つ、僕は釣りが好きになった。