読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

まだ見ぬ水産物の可能性を求めて。 やらかした編

これはつい最近のお話。

僕は珍しく、空腹で目を覚ました。

 

お腹が空いた。しかし、その時はちょうどカップ麺もお菓子も蓄えが無かった。

ビールはあったが、つまみもないのに飲んでも仕方がない。

冷蔵庫を開けてみるも、たまったま食材を切らしていた。

卵と調味料しかなかった為、これはちょっとなあという感じ。

 

万策尽きた感じのなか、僕は冷凍庫を開けてみた。

すると、そこで僕は意外なものを見つけたのであった。

 

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151007213815j:plain

それがこれ。

ずううっと前に海釣りで使ったものの、使い切れずに持って帰り、冷凍庫に放り込んどいたオキアミである。

そういえばこれ、ずっと見た目美味そうだと思ってたんだよな。

 

 

 

・・・炒めて食うか!

 

 

ということで。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151007213930j:plain

まずは香りづけの為にごま油を少々。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151007214020j:plain

にんにくとしょうがで臭みを消しつつ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151007214110j:plain

炒める。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151007214151j:plain

ん!美味そうじゃね?

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151007214234j:plain

よっしゃ、頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・不味い!

 

なんだこれは!

食感はエビフライの尻尾!

味はちょっと刺激強めの化学薬品みたいな感じ!

飲み込むことを体が拒否する!

 

その後、僕は涙目で炒めたオキアミを食べきった。

自分の身体を痛めながら。

 

後日、なんであんなにオキアミが不味いのか調べてみた。

すると、サシエ用のオキアミの製造方法に、「不凍液」という文字が見えた。

そこで全てを察した僕は、そっとそのページを閉じた。

僕はどうやら不凍液に浸されたエビを摂食してしまったらしい。

今はまだ内臓が無事だけど、長期的にみてどうなんだろう?

 

と、いうことで。

皆様はサシエ用のオキアミを口にしないように気を付けましょう。

この教えを示せたことで、悪食のアホ(僕)も少しは救われた気がする。

 

ちなみに、カチコチに凍った、いわゆるマキエに混ぜて使う用のブロックタイプのオキアミは、普通のエビの味がして美味しいんだとか。

じゃぁこっちでリベンジしてみろって?

 

やだよ。