俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

晩秋こそ川でしょ。山口県淡水魚釣り場開拓ドライブ 前編。

色々な方のブログを拝読していると、なるほど色々な魚が釣れていることがわかる。

タチウオ。イカ。アジ。クロダイ。メイボ(ウマヅラハギかカワハギ)。

どれもこれも、聞いていて心が躍る魚が多い。

 

が、言ったか言わずか、僕は天邪鬼な性格である。

多くの人が釣ったり紹介したりしている魚であればあるほど、不思議と興味が薄れていくのだ。

もっとも、地理的な関係で狙えない魚も多いのだけれども。

 

ということで今回はそっと裏の道を通ろうと思う。

題して「淡水魚釣り場開拓ドライブ」である。

海水魚のポイントは数多の情報源で紹介されているのに、淡水魚のそれは極めて情報が少ない。こういったソースに頼れない以上、己で開拓するしかない。

あと、冬になると川魚は全く期待できないので、晩秋の今はある意味ラストチャンス。

タイムリーっちゃタイムリーである。

 

新たな釣り場の開拓。その為に一体何リットルガソリンを燃やしただろうか。

僕の努力の顛末をここに記す。

 仕掛け購入。

 

決行前日、餌を買う為、僕は近くの釣具屋に行った。とりあえずミミズかなぁ。サシがあったらついでに買おう。後は練り餌が無難だね。とか思いながら店内をうろちょろしていると、ルアーコーナーで面白そうな番組が流れていた。

番組名は失念したが、それは、「ナマズゲーム」というものだった。

要はナマズをルアーで狙うのだが、その方法が面白い。

水面をゆらゆら泳ぐタイプのルアー(ポッパー?)を棒引きするだけで、ナマズが果敢にアタックしてくるのだ。捕食と同時に水面が爆発するかのようなその迫力は、なかなかのもので、見てて結構引き込まれた。

ということで即決。

適当に良さげなルアーを買って、ナマズにも挑戦することを決めた。

尚、後で知ったことだが、田んぼに水を引き込む時期が過ぎた今、川が渇水しがちなため、ナマズは非常に釣りにくくなるのだという。そういえば釣具屋でみた番組、梅雨時期に釣りしてたなぁ。

ま、いっか。

ちなみに、買ったのは↓のルアーである。

飛距離がすごくでる(ナイロン5号を巻いた5000円前後のスピニングリールで、40mくらい余裕で飛ぶ)し、アクションも結構派手なので、すぐ気に入った。

 

まずは貯水池を攻める。

 

朝5時に僕は家を出た。尚、餌は練り餌しか売ってなかった。あとは家にあったバイオワームと、適当なソフトルアーをチョイス。仕掛けが総じてカオスだが、気にしたら始まらない。

とりあえず真っ暗な中新しいとこを開拓するのは怖いので、以前の記事でもお世話になった貯水池に行ってみた。

 

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

ボラが大量に跳ねているものの、ナマズの魚影は見えず。

とりあえず水草の縁を探ってみっか。

で、一投目。思ったより飛ぶ。水草の縁を探るも、反応は無し。

 

そして二投目。やはり思ったより飛ぶ。そして水草に突っ込む。

参ったなぁと引っ張ると・・・。

 

 

バチッ

 

えっ

 

・・・・・・さようなら1600円。僅か二投の関係だった。

 

・・・・いやいや、こんなんで捨ててたまるかっての。

 

幸い水深は浅く、たまたま長靴も車に積んでいた。

そこで僕は、汚い貯水池にざぶざぶと入り、無事ルアーを回収。

結果場を荒らしてしまった為、そそくさと別ポイントへ移動するのであった。

 

山の上の野池。

 

過去の記事で紹介したやり方で、僕は野池を探すことにした。

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

 

すると、山の上にどうやらちらほらあるっぽい。ということでそこを目指すことに決めた。

 

10分後。無事に野池に到着。

だが、なんだ、その。

すごく水が塩素臭い。よく見れば化学薬品のような、明らかにダメな何かが野池に流入している。

アメンボ以外の生体反応も無い。竿を出すまでもなく撤収を決めた。

 

その近辺の野池も全部そんな感じであった為、いっそ遠出してやろうか!と決意。

Googleマップをいじってると、車で20分走った先にでかめの池があることが判明。

よっしゃ、いっちょ行ってみるか!

 

死の池。

 

落石だらけで舗装も無く、草木生えまくりの荒れ果てた道。

そこを10分くらい走った先に、その池はあった。

 

これがまぁ、超デカい!野球のグラウンドくらいあるんじゃね?

何かしらの魚が居るのも見える。

よっしゃ、ここならナマズが居るかもだぜ!ついでにバスも居たら釣っちゃうもんね!

僕は早速ルアーを投げた。

 

 

10分後。

一切アタリが来ない。チェイスも無い。魚かと思ったらよく見ると落ち葉とか謎の虫ばかりであった。ここって魚、1匹も居ないのか?こんなデカいのに、不思議なものだ。

こんなところで時間を潰すわけにはいかない。またしても僕は移動を決めた。

 

野池パラダイス・秋穂。

次なる目的地は、秋穂。

 

地図を見ての通り、野池パラダイスである。

 

どうやらなんちゃら公園の側にでかい野池があるそうな。とりあえずそこを目指すことに決めた。

近くの駐車場に停めて、そこからは野山を徒歩。

顔に襲い掛かる蜘蛛の巣にイラつきながらも、着いてみれば立派な湖。

それくらいデカかった。

マナー違反だが、バス用ルアーのパッケージのゴミも落ちていた。

釣れるのは釣れるみたいだ。

 

天気は快晴。暑すぎず寒すぎず、まさに適温。

気分よく釣りができそうだ。

ということで早速キャスト。

 

刹那。

 

バツッ

 

あっ

 

・・・・今度こそさようなら、フッキングノイジー・・・・・

遥か彼方の水面に浮かぶルアーを数刻眺めた後、僕は踵を返した。

やっと見つけた広大な野池も、滞在時間は数分で終わった。

 

失意の果てに現れた野池。

 

そんな出来事があり、すっかりやる気を無くした僕は、家に帰ろうと車を走らせた。

するとたまたまではあるが、なんか蓮の葉がいっぱい浮いた野池を見つけた。

 

見ると、巨コイやタナゴっぽい何かがうようよしている。

こ、ここなら期待できる!

 

そう思った僕は、実は持ってきていた延べ竿片手に、野池へと繰り出した。

ちなみに針は袖4号で、餌は練り餌である。

 

と、開始早々、非常に珍しいものを見つけた。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151022005833j:plain

蜘蛛が何かを捕まえている。

何か見覚えのない昆虫だなぁ。

 

ずっと見てると、邪魔だと思ったのか、蜘蛛がその昆虫を巣から落とした。

 

よくよくそれを観察してみると・・・。

 

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20151022005848j:plain

あっ、これ、タイコウチだ!

 

ミズカマキリ、ゲンゴロウ、タガメなどと同じ水生昆虫で、環境破壊の影響もあり、近年姿を見たくなった生物の一種。

僕も実は見るのは初めてだ。

ぬし釣りのゲームでは何十匹と捕まえて、釣具屋に売り払ってたけど。

なんかいいことがありそうだな!

願わくばまだ登場していない魚を釣りたい!

 

 

 

 

 

 

 

・・・・神はそう何度も微笑まないらしい。

アタリすらないまま時は流れ・・・。

僕の心はしれっと折れた。

 

なんかロクな釣り場を開拓できねぇなあ。

ちょっとヤケになった僕は、新規釣り場の開拓を諦め、馴染みのある釣り場を目指すことにした。

ボウズを逃れる、ただその為だけに。

 

ということでまさかの続く。

続く。

続くったら続く。