読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

野草を食べてみよう! 2016 ~4月の野池は未だに冬であった~

4月某日。

僕はとある野池にいた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413005639j:plain

 

狙いは当然、ブラックバス

ただ手持ちが心許なく、トラウトロッドとレブロス2500、あとはパワーベイトのソフトルアーしかなかった。

ま、最悪ブルーギルが遊んでくれるだろう。

 

僕はそう高を括っていた。

 

・・・・が。

2時間後、ただの一度のバイトもなく、僕はすごすごと引き下がっていた。

日差しは強い。暖かい空気と風が心地良い。

水面は静かに揺れている。しかし水中の春は未だ遠いようだ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413005706j:plain

 

野池、もう少し待ってからまた来ようかな。

釣れなかった悔しさをほろ苦い教訓に変えて一人納得し、僕は踵を返して帰路に着いた。

 

完。

  

 

ところがどっこい。

その帰り道に、僕はある景色を目にする。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413005739j:plain

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413005804j:plain

 なんかすげぇ、野草が生えてそうだなあ。 

そういえば、お腹空いたなあ。

・・・・久しぶりに食ってみようかなぁ。

 

そして僕は、一心不乱に野草を摘むのであった。

 

ぬし釣りと乖離していないか、だって?

心配無用。

ぬし釣り64には植物採集がデフォルトで備わっているのだ!(しかも食べられる)

 

つーことで都合のよい言い訳を自分に言い聞かせてレッツ採集。

 

結果。

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413005927j:plain

 

左から、御形(ゴギョウ)。春の七草である。

 

次、カラスノエンドウ。豆付きを狙ったが、時期のせいか生えてなかった。

 

次、土筆(ツクシ)。春の定番野草である。食うのは初めて。

 

次、オオバコ。前回の企画のチャンピオン的なヤツ。天ぷらは美味。

 

最後、蕨(ワラビ)。野草というか山菜であるが、もしかしたらゼンマイかもしれない。

 

ということで、こいつらを召し上がろうと思う。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413005959j:plain

先ずは湯がいてアクを取るべし。

ついでに昆虫とか変な毒とかを煮沸することで取り除くのだ!

 

さーて、湯がいたあとは、炒めて食べようかな。

 

と思ったが。

 

 

 

 

 

 

 

めんどくさいなぁ・・・。

 

ということで。

 

 

天然素材丸ごと味わう!野草煮(味付けは塩コショウのみ)!

f:id:pochihiko_inunosuke:20160413010026j:plain

 

ではでは、順繰りに頂きますか。

 

ゴギョウ

 

うん、歯ブラシのブラシ食ってるみたいだ。

味は悪くないだけに、極めて惜しい。天ぷらにした方が良いのかも。

 

カラスノエンドウ

 

これもまた、歯ブラシのブラシ食ってるみたい。

味はほのかに豆っぽかったが、美味かと言われればう~んである。

今更だが、フキノトウを煮たら美味そうだな。見つからなかったけど。

 

ツクシ

 

あ、初めて食感良く食える。しかも美味い。

色んな人がこぞって収穫する理由がわかったぞ!

大半がスギナに変わっており、ほとんど収穫できなかったのが悔やまれる。

 

オオバコ

 

おや?煮たらそんなに美味くない・・・。

青シソも煮たらそうでもないように、オオバコも天ぷらだからあそこまで美味かったのだろうか。

これは意外だな・・。

 

ワラビ

 

はい、優勝。ただの水煮なのに、旨味バッチリ、癖はなし。食感も最高で、文句なしのチャンピオンです!

 

尚、全ての野草は自然の恵みに感謝しつつ、きちんと完食しておりやす。

 

まとめ。

 

野池はまだ釣れ始めていない。

ワラビ最高。

オオバコは揚げるべし。

 

ってところだろうか。

海は割と調子が良いらしいから、今度行くなら絶対海だな。

来週辺り狙ってみようかな。

 

金銭的な事情で、なかなか遠征が出来なくなってきた。

このブログを収益化出来ないだろうか。

1年経ったので、新たな試みを考えていこうとする次第である。

 

動画でも作ろうかな。