読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

10000ヒット記念企画予定。 釣った魚でバーベキューをしてみたい。 実践編

時は五月初旬に遡る。

GWもあとちょっとで終わりという日であったが、僕の心は躍っていた。

 

高校からの友人数名と共に、かのフィッシングレイクたかみやに行くことになっていたからだ!

肉も結構買ったし、アルミホイルも用意した。グリルの点検は済んでるし、炭も購入した。

抜かりはない。

 

釣った魚でバーベキューをしてみたい。

しかしまずは魚を釣らなければ話にならない。

 

不安と期待が入り混じる中、僕たちは一路安芸高田市へ向け出発するのであった。

  

道中あるある。

 

今までは3月とか11月みたいな、朝はかなり冷え込む時間帯に行っていたからか、道中かなり濃いもやに遭遇することがあった。

それこそ、10m先が目視できないレベルに濃いので、走っていてなかなか怖い。

 

しかし今回は奇跡的にもやは全くなく、とても快適なドライブ日和であった。

 

早朝に高速道路を使う釣行でオススメなのが、道中のSAで飲むコーヒーだ。

気分はますます晴れやかになるし、いつにもましてコーヒーを美味しく感じる。

旅路に向けてテンションが上がることは請け合いだ。

 

もっとも、トイレが近くなってしまうので、その辺の留意は必要である。

 

さて。

安芸高田市に入ると、高速道路を降りて、ひたすら看板を頼りに進むことになる。

親切にも、フィッシングレイクたかみやまでは看板が等間隔で並べてあり、迷うことは基本無いように思える。

 

しかしたまに配置が適当なことがあり、どこで右折するのかサッパリな箇所や、道順通り行っているハズなのに看板が全然出てこない箇所などもある。無用ではあるが、スリルのようなものまで楽しめるというオマケがついているのだ。

 

到着後の流れ。

 

さて、到着してみると、早朝にも関わらず車が多い。やはりGWに同じことを考える人は多いようだ。

 

まずは受付に行って、半日券(3000円)を購入。友人はルアーロッド(300円)をレンタルし、各々気に入ったルアーを適当に買って、ニジマスに挑むこととした。

 

順調・・・?

 

フィールドはこんな感じ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160518024352j:plain

 

堤防は完全に人で埋まっていた為、今回は珍しめの陸地をチョイス。

ボートで漕ぎ出すという選択肢もあったが、転覆したらどうしようもないのでパス。

 

さて、ささっと説明の後、ルアーを振る僕たち。

水面を見るとバチャバチャニジマスが跳ねているので、活性は悪くないらしい。

 

と。

友人の一人が急に慌て始める。何だ?地面でも引っかけたか?

 

しばらく見ていると、水面近くで銀色の何かがはためいている。

おいおい、ニジマスじゃないか!

 

ってことで、開始5分ほどで1匹ゲット。これは過去最速だ。

嫌が応にも期待が高まる!

 

ちなみに1.8g程のレッド×ゴールドのスプーンであった。

 

しかしそこからは沈黙の時間が1時間程続いた。

 

僕はというと、オレンジのクランクにヒットしたものの、痛恨のバラシ。どうにも冴えない。

 

しかし、その静寂を破る人間が居た。

さっき釣った友人とは別の友人が、突如慌て始めた。

 

こ、これはデカいじゃん!

丸丸と太ったニジマスであった。

ヒットカラーはヤマメ色のスプーンである

 

さぁこっから流れに乗るぜ!

 

という思いは虚しく散り。

残り時間3時間程はただ、ルアーを投げて回収するだけで流れていくのであった・・・。

 

 

終了5分前。

1つの竿が大きくしなる。

 

ついに!ヒットしたのだ!

 

僕じゃない友人に!

取り込んでみるとなかなかにデカいし!

 

そして無情にもタイムアップ。

 

僕はついにニジマスを釣ることなく終わってしまった。

 

ってことで釣果。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160518024514j:plain

僕の獲物が居ないのは寂しいが、友人に釣れてくれたのは素直に嬉しい。

 

たかみやの晴天を見上げると、

日差しはどんどん強くなり、太陽は天高く昇っている。

 

つまり、絶好のバーベキュー日和なのだ!

ボウズという陰鬱な結果は、炭と共に燃やしてくれる!

 

僕たちのGWは第二ラウンドへ突入するのであった!

 

つづく!

f:id:pochihiko_inunosuke:20160518024558j:plain