読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

2016年のまとめとか今後とか。

釣り以外 挨拶など

厳冬である。もうこんな日は一歩も家から出ないに限る。

周辺海域の釣り情報も芳しくなく、いよいよ腰は重くなるばかり。

 

なんだかなー。

どうすればモチベーション上がるかなー。

きっと釣り情報が入れば勝手に上がるのだろうけど。

 

ということで今日は、僕が人生で成し遂げたい釣り情報について、己の備忘録代わりにまたここに書き散らしておこうと思う。

 

その目標に関する今まで集めた情報も付記しておくので、ひょっとしたら有益なそれが混ざっているかもしれない。

中国地方を雪が覆う中、早速書き連ねていこう。

  

人生を賭けて追いたい魚・クロカジキ

 

このブログのアイコンにも実はしているのだが、僕は釣るまで死ねないと考えている魚がいる。

クロカジキだ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20170109164516j:plain

http://oceana.org/sites/default/files/styles/lightbox_full/public/_6.jpg?itok=O15gjRRT

体長は3m、体重は数百キロをそれぞれ超えるという怪物である。

泳ぐ速度も実に半端ない。釣りの相手としては最強クラスである。

 

僕は5歳くらいから、この魚を釣り上げることを終生の目標としている。

そして色々調べたが、日本でもやれなくはないという。

しかしせっかくだから、本場でやりたい、メッカで釣り上げたいんだ僕は!

 

ということで釣行の暁には、オーストラリアに向かうことを決めた。

理由は、暖かいし、カジキ釣りで有名なスポットだから。

勿論、現状そんな暇もお金も無い。

まとまった休みを取れるチャンスは、年末年始とお盆、あとGWくらいなものだ。

新婚旅行で行くという飛び道具もあるが、現状現実的ではない。

 

課題は山積。でも行きたくて仕方ない。

僕はこの夢を叶えた時点で、実のところいつ死んでもいいくらいに入れ込んでいる。

20代の内には叶えたいが、複雑なところではある。

 

南の島でひたすら釣りがしたい。

 

過去にやったことあるんだけど、南の島での釣行は、本州と違った楽しさがある。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150124195938j:plain

 

釣れる魚は色鮮やか。そして平均サイズはまぁまぁでかい上に、本州では見られないようなレアなのばかり。釣りをしてて実に楽しい。

 

沖縄本島といったメジャーなところもいいのだが、せっかくなら人口100人未満の小さい島とかでやってみたい。

しかし、こういうところに渡る船ってあるのだろうか。

ここはまだまだ調査しなければならない。

 

ちなみにターゲットを強いてあげれば、タマンとかカッポレとかが面白そうだなと思っている。

 

防波堤に居る巨魚を真剣に仕留めたい。

 

まぁ、トビエイのことなんだけどね。

f:id:pochihiko_inunosuke:20151008225832j:plain

画面上の方にいるヤツね。

 

 

ネットサーフィンがてら色々調べてみると、沖縄辺りでは普通にスポーツフィッシングの対象魚になっているそうな。

但し使用する仕掛けは相当タフ。

僕の持ってるリアルフュージョンとかバイオマスターでは、のされて終わる気がする。

大きい型番のソルティガを用意し、PEは6~8号くらい要るらしい。

 

そんなんもって防波堤に行ったら奇人変人もいいところだが、真剣に釣りたいのだから仕方がない。

ゆくゆくはワイヤーハリスとかギャフとかを買って、準備しようと思う。

餌は豆アジ一本掛けにする予定。

釣り上げた記念には、唐揚げで食べてみようかな。味についてもレポートしたいし。

 

ぬし釣り旅を敢行したい。

 

車を持っている以上、是非したいこと。

餌と仕掛けを大量に買い込んで、2日くらいかけてリアルぬし釣り旅を行うのだ。

 

食材は魚を現地調達。チェーン店ではない地元商店のみにて食材を購入可能。

野草を食べるのは自己責任。

 

みたいなルールを設ければ、結構面白い旅になりそうだ。

まだ着想段階だが、10万HIT達成あたりの記念に行こうと思う。

目標は来年の7月頃!頑張ってアクセスを獲ろう。

尚、冬季は絶対にやらない。死ぬ気しかしない。

あと野草とかもないし。

 

展望について。

 

2016年はどうにも不完全燃焼に終わった感がある。

来年度からは正直動画で何かして遊んでみたいという野望があるので、現在ネタを練っている最中である。

魚捌くのも、他に動画がいっぱいある以上なぁ~って具合だが、まあ気長によろしくである。

 

さて、100記事という節目もあと少しの段階まで来ている。

100記事記念企画も何かしよう。

そうしよう。

 

うん。