俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

個人的神器のご紹介。 その1 チョメリグ

自分で言うのも何だが、僕は大抵の釣法をやってきた自負がある。

全く手を付けてない上、興味もあまり湧いてこないものは、フライとか磯とかヘチ釣りとかになるが、多分誘われて実行すれば普通にハマる。そういう人間である。

 

でだ。

その中でも僕が一番するのは、いわゆる投げ釣りである。

撒き餌ばんばかなフカセ釣りやサビキ釣りに比べて必要物品が少ないし、底物は回遊による当たり外れがあんまりないというムラの無さが好きだからだ。

ちなみに、性根がめんどくさがりなので、撒き餌ありきのウキ釣りは年に2回するか否かである。

一時期キャスティズムという良い竿も持っていたが、金に困りすぎて売ってしまったことを今でも悔やんでいる。

それくらい好きである。多分これは、買い直す。

 

そんな僕が投げ釣りに行くときに必ず携帯するグッズ?仕掛け?がある。

釣具屋に暇つぶしに立ち寄った際も、見つけたら持っていても買ってしまう。

今日はそんなアイテムのご紹介である。

  

それがこれ。

チョメリグ。

中通しオモリの進化版といった感じだろうか。これが大好きである。

色々と重さがあるが、僕は大体20g以上を使う。

利点としては、道糸→オモリ→ハリスがダイレクトに繋がる形式のため、非常にアタリが取りやすいのが一つ。また、ただ巻くだけで餌が2~30cmくらい底から浮くため、アピール力も高い。

キャストした際に意外に飛ぶのもまた嬉しい。

欠点を敷いてあげれば、やや割高なのと、大物向けではないことくらいではなかろうか。

といっても、過去にこれを使って53㎝のアナゴを抜き上げたこともあるので、性能が悪いわけではないとは付記しておく。

正直、これ1つ持っていれば、投げ釣りは相当遊べる。

その例を3つほどご紹介。

 

定番:砂浜のキス釣り。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150930213508j:plain

写真の釣果は約4年前、山口県の秋穂でのもの。

使用したのはシーバスロッド、リールにレブロス2500(PE1号にリーダー確か2号)、そしてチョメリグと、この針↓と、砂ゴカイ30gである。

何より、アタリが即座に分かる為、極めて手返しが良かった。

釣り方は、投げて棒引き。以上。

アタリがあったら即回収。1~3匹がハリスに連なる姿は、とても心の躍る光景であった。

結果、2時間かからず、39匹を釣ることができたのであった。(しかも餌は砂ゴカイ30gのみという省エネっぷり)

底ベッタリを回避できるためか、ヒトデやメゴチ、心無い不法投棄物や海藻は、30回くらいキャストして一度も無かったのがまた嬉しかった。

 

夜釣りもOK:アナゴ釣り。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150930213537j:plain

写真の釣果は確か約3年前。同行者多数で夜釣りをしたときのもの。

この中に写っているアナゴの何匹かは、チョメリグ仕掛けで獲ったものである。

 

仕掛けはシンプル。↓の針を使い(確か10号)。

 

ルミカの青色をセットしただけ。尚、餌は青虫一本掛け。

 

シロギスと違い、置き竿にしてアタリを待ってみた記憶がある。

すると、竿先が急激にしなることがしばしば。上げたらアナゴ。そんな具合だった。

 

尚、普通に棒引きをしても釣れたが、置いた方が釣れたような気がする。

魚によってアプローチの仕方は違うんだなと再認識する釣果であった。

また、アナゴは自らこんがらがるように暴れるため、仕掛けの全長が長いと一撃でアウトである。

チョメリグ仕掛けはトータルが短くて済む為、そういうリスクも軽減できたのは嬉しい話である。

 

こんなのも可:川でのぶっこみ。

 

専用のそういう仕掛けは存在しないので、少しだけ自分で作る必要があるものの・・・。

大体5号くらいのナイロンラインを30cmくらいに切って、コイ針8号とかを結ぶ。

もう一方の末端にサルカンを結び付ければ、先に紹介したアナゴ針に似たような仕掛けが出来る。

これにチョメリグの中を通した道糸を結束することで、川での投げにぴったりな仕掛けが完成する。

餌はミミズがベター。全長3~6cmくらいのそれが、一番食いが良いと感じている。

 

過去にも紹介した通り、川での投げ釣りは意外に面白い。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150810234841j:plain

こんなのや。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161023174139j:plain

こんなのが出る。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161023174556j:plain

ちょっと良い型のフナが出ると、割と嬉しい。

 

食い付いた時のアタリも海のそれとは違い、新鮮で面白い。

「この引きはフナだろうか?」「ハヤかな?」と想像しながら巻き上げ、釣り上げて確認。

こうしたユニークな経験値を積めるのも、川投げの面白さだと勝手に思っている。

 

チョメリグじゃなくても良さそうに聞こえるが、汎用性の高さを紹介する為の例なので、そこはご留意頂けると有難し。

 

終わりに。

 

他にも使い方次第では色々なことが出来そうだが、現状に満足している為、ここから先の冒険は未定だ。

とりあえず目下の狙いは、ナマズを獲ること。

ルアーでバクンも良いけれど、30cmくらいの丁度いいそれが釣りたいので、やはりミミズとチョメリグに頼ることになりそうである。

 

あと数点、個人的な神アイテムがあるが、おいおい紹介できればなと思う。

 

今週は久しぶりに完全フリーの休みである。

チョメリグ旅にでも出ようかな。そう思った。