俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

Hagi for squids ~烏賊童貞卒業~

釣り歴が22年目になった。

大抵の魚種は釣ってきたし、したことがない釣法もかなり少なくなってきた。

(雑誌にも登場しないような超ローカルなそれとか、新興の釣り方は除く)

 

だが、そんな僕だが、イカを釣ったことが一回も無かった。

タコなら正直10杯くらいある上、今やイカは超メジャーなジャンルなので、如何ともし難いコンプレックスではあった。

で、たまに今日は如何かなとエギングをやってみたりもしたが、2時間竿をシャクって、手首を痛めるだけの時間でしかなかった。

 

そんな僕だが、先日めでたくイカを釣ることが出来た。

言わば、烏賊童貞卒業である。

 

今日はそのダイジェストをご紹介。

  

新たな釣り方は日々登場するらしい。

 

イカメタルという言葉をご存じであろうか。

乱暴に言えば、仕掛けの上に軽いスッテ、一番下に重いスッテを付けて、エギングよろしく誘いをかけて釣るというもの。

詳しくはコチラを参照してほしい。

 DAIWA : IKA-METAL - Web site

 

何だかんだで平日に休みが取れた僕は、知り合いの方にそのイカメタルってヤツに誘われたのだ。

聞けば、30,40杯は当たり前に出るという。初心者でもそれは関係ないとのこと。(上手な人は80近く釣れてしまうらしい)

ちなみに船釣りである。

 

10分くらい良い感じの話を聞いた僕は、すっかりテンションが上がりきってしまい、20000円近くの初期投資をしてしまった。

上手くやれば6000円とかで準備出来るし、なんならエギングロッドかシーバスロッドと、2500番のリールがあれば、スッテを買うだけなのでそんなに投資は要らなかったりする。

 

尚、僕は以下のスッテを購入した。

 

そういう訳で、すっかり童心に還り、遠足前の子どものようになった僕。

無論、次の日は完膚無き寝不足状態となり、元気なのか死にかけなのか分からない体調で、萩まで車を走らせるのであった。(with後輩一人)

 

実釣。

 

出船は18:00。萩マリーナから出港する。

 

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20170717120054j:plain

湾内はベタ凪ぎで良い感じ?とりあえず日差しは痛いが風が涼しい。

 

余談だが、船に乗る為には必ずライフジャケットを装着しなければならない。

安いのは3000円で、ザ・ジャケットって見た目のが売ってあるが、僕は12000円くらいだして、腰に巻くだけのイカしたヤツを持っている。これはただの見得なのだが・・・。

 

あとは船上で滑りにくくなるデッキシューズ(ブーツ)を持っておくと楽。海水がバシャバシャ飛んでくるので、密閉性が高く、かつ頑丈なタックルボックスもあると嬉しい。

 

 ということでいよいよ出港である。

 

しばらくは我慢で、完全に日が沈み、集魚灯を焚いてからが勝負とのこと。

実際、日没まで1時間程度シャクリ続けてみたが、アタリ1つなく時間が過ぎていった。

 

俄かに活気づいたのは、大体20:00前後だった気がする。

船には7人いて、全員がイカメタルをやっていたのだが・・・。

 

最初にアタリがあったのは、何と僕。

深さは40mほどで、海底からリール4巻きくらいである。

最初は完全にゴミが引っ掛かったと思っていたが、いざ回収してみると・・。

 

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20170717120149j:plain

はい、かなりいいサイズ(とそん時は思った)のケンサキイカであった。

  

正直周りもバンバン釣れていたので、僕もとっとと仕掛けを降ろすべきだったのだが、人生初のイカの美しさ、そして烏賊童貞を卒業した嬉しさから、しばらく余韻に浸ってしまった。

 

尚、写真のイカは2分後にイカ刺しになっている。

釣りたてのそれは異常に美味すぎて、涙が一滴垂れる寸前になるほど。

アニサキスが恐かったが、ちゃんと表面を包丁で切っていたし、釣りたてだし、ま、いっか。

 

その後は集魚灯に誘われてイカが浮いてきたらしく、表層から15m以内に固まるようになってきた。

僕もそこからコンスタントに、5杯くらいまでは追加できた。

初心者の後輩は、僕を超えるペースで追加しており、キャリアもくそも無いのだなと実感した。

 

しかし・・。

 

だが、僕が2桁に乗る前に、アタリが完全に止まってしまう。船に乗っている人全員だ。

小さいベイトは相変わらず表層に群れており、正直意味が分からなかった。

そんな状態は30分くらい続いただろうか。タバコを吸いたくても、海水に濡れて全然美味しくなかったので、そわそわした時間がきつかった。

 

仕方ないので、海底まで落としてみると、なんとそのフォール中にヒット。

全員タナを海底近くにすると、さっきの倍のペースで釣れ始めた。

後で色々と理由を探ってみたが、表層にダツが泳いでいたことが原因ではないだろうか、とのこと。確かに、ダツがいるなとは思っていた。

 

さあ、あとは納竿まで釣り続けるのみである。

そこから2時間、全く釣れるペースは落ちず、数を数えるのすら面倒なほどであった。

 

で、24:00に納竿とした。

クーラーボックスはパンパン、顔はホクホクであった。

最高の烏賊童貞卒業日であった。(下ネタに見えて全然そうじゃないという)

 

帰還後。

 

まずは数を数えてみた。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20170717120337j:plain

僕が29杯、後輩が24杯。

尚、1杯はイカ刺しに献上しているので、僕は30の大台に乗った。

 

振り返れば、合計53杯のイカイカイカイカ・・・・。

ペットボトルと比較すると、サイズも立派でまぁ嬉しい。

市場の一角みたいな状況で、帰ってからもにやにやしてしまった。

 

が、バイオリズムがどうとかであるが、状況というのは上がれば下がるもの。

ここから調理という鬼のような時間が待っていたのだ!

 

で、まぁ、思い出したくないし思い出せないのもあるけど、3時間みっちりと調理をして終了。外を見ればヒグラシがなく時間も過ぎ、カラスが鳴いていた。日も昇っていた。

イカ刺し用に20杯程、残りは全て輪切りとゲソに分けて、唐揚げにでもなんにでもしてくれよ状態にした。

 

翌日イカ達は、食べ盛りの後輩を7人くらい呼んで、酒と共に消費しようとした。

が、5時間かかっても、10杯分くらいを残し、完食は出来ず。顎も痛かった。

まだ僕の家の冷凍庫にそれは眠っている。いつ食べようかな。

 

とまぁ、話があっちいったりこっちいったりで如何なものかと思うが、イカメタルという新ジャンルは想像以上に面白い、イカした釣り方だと述べてまとめにしようと思う。

 

これで残りはまた一つ減って64種。

僕の釣りノートにまた新たなページが増えたのである。

 

余談。

「イカ」と僕はこの記事で何度も言っている(大量のダジャレ含む)ので、時間がある人は数えてみると暇が潰せるかもしれない。