俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

意外な食性を持つ魚をまとめてみた。

 

釣魚図鑑を見ていて気付いたことがある。例えばメバルならこんな感じ。

 

『積極的に甲殻類や小魚を捕食する。』

 

正直、これを読んで首をかしげた。僕はこれ以外の餌でもメバルを釣ったことがあるし、胃から違うものが出てきたこともある。

 

勿論これは釣魚図鑑が適当という話ではなく、地域差・個体差が多いというのが本当のところだろうと思う。

 

僕は色々と釣ってきた経験、また捌いた結果胃の中から出てきたものを見てきた経験だけは一著前にある。

 

ということで今日は、『意外』と思われる食性を持つ魚をまとめてみようと思う。

 

 

  

メバル

 ãããªã¼ç´ æ ã¡ãã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

最近ソルトルアーゲームでも人気の魚種。特に小魚を模したルアーに反応が良い気がする。

 

また、ウキ釣りならモエビ・タエビがそのメインの餌として使われる。

 

だが、実はジグにイソメを付けただけのシンプルな仕掛けでも釣れるのはご存じだろうか。(通称ケビング)

 

活性が鈍くなる時期や、岩礁帯などでは、どうやらイソメ類への反応も良いらしい。

 

場所によっては試してみるのもアリである。

 

テナガダコ

f:id:pochihiko_inunosuke:20150127212243j:plain

 (一番左のヤツ)

 

かんなりニッチなターゲットではあるが・・・

 

タコと言えばカニを模した疑似餌や、専用のエギで探っていく釣法がメジャーだ。

 

だがこいつも、相当太い青虫を用いれば釣れるのだ。実際5回くらい釣ったことがある。

 

ただしイソメにちゃんとアタックしているのか、それともジェット天秤に誘われて寄ってきたところに針が刺さったのか、まだまだ仮説の域は出ない。

 

今年の夏にちょっと実験して試してみる所存である。

 

アイナメ・クジメ

f:id:pochihiko_inunosuke:20150727224923j:plain

f:id:pochihiko_inunosuke:20180114230103j:plain



 専門的に狙って釣る人があまりいないけど、釣れたら嬉しい魚(とそのそっくりさん)である。

 

僕もアイナメはあまり釣ったことが無い。正直、全部たまたまである。

 

一般的な釣法では、本虫を用いての投げや、ワームを使った釣りなどが紹介されている。

 

だが、僕は一度アイナメを砂イソメで釣ったことがあるし、胃からはカニや貝など、色々なものが出てきたのも見てきた。

 

モエビにもヒットしたことがあるので、食性は幅広く、意外と旺盛なのかもしれない。

 

本虫を用意するのが手間ならば、他にも手は打てる。色々試しても面白そうだ。

 

ナマズ

ãããªã¼ç´ æ ãããºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

 

これまた最近、ポッパーやノイジーを利用してのゲームが人気のお魚。今年は僕もトライしてみたい。

 

魚食魚(フィッシュイーター)の印象が強いが、実際は底にあるものは何でも食うらしい。

 

ミミズに始まり、エビに模したソフトルアーなどにもアタックする。

 

視力が悪いらしく、嗅覚や聴覚に頼って捕食するそうだ。だからこそ、美味そうなら、或いは音を出してれば、なんでもいいのかもしれない。

 

終わりに。

 

釣魚図鑑に忠実に餌を選んだのに、なぜか釣れない。

 

そういう時は、案外別の餌を用いた方が、効果的なこともある。

 

毎度毎度大量に餌を持っていけと言うつもりはないが、可能性は広く考えていた方が確実に楽しい気がする。

 

僕はあまり固定観念が無いので、結構実験と称してわけのわからない餌を使うこともしばしばだ。(悲惨な結果になることもあるが)

 

これからも面白い結果が出たらここでシェアしていく所存である。

 

まずは、休日が取れるように邁進する。来週、そろそろ釣りに行きたい。本気でそう思う。