俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

ウルトラ楽しかった、花と太陽の島・【沖永良部島】の思い出を語ろう。 第三部・人の親切、あったかいんだからぁ編

第八章 沖永良部島二日目開始

 

―起きてみれば、風も雨も嘘みたいに止んでいた。

 

・・・そんなことを期待したが、風だけはやっぱりピューピューの突風であった・・・。(というか滞在中、止んでた時がない)

 

全員が寝不足&全身の変な痛み&倦怠感を覚えつつも、若さで何とかカバー。

 

火を起こすのはめんどくさかったので、実は持ってきていたガスコンロを使い、サクッと朝食を作りました。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910120639p:plain

 

んで、これをいっちょ前にサンドイッチ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910120846p:plain

これだけなのに無茶苦茶美味かった記憶がある。アウトドア料理補正すげぇ。

 

―さぁ、エナジーはチャージした。夜に寝れるよう、テントも限界まで水けをふいた後、ちゃんと干しといた。準備は万端だ。

 

この二日目は、夕方までは釣りをせず、それまでに色んな目的を持って島を巡る日と決めた。

 

今日はいったいどんな『はじめまして』に出会えるのか、楽しみで仕方がない。

 

そんな一日、スタートです。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910121211p:plain

※キャンプ場の裏手って、結構荘厳な崖なのです。

 

 

 

第九章 沖永良部放浪記

 

ということで出発である。鹿児島までは僕がぶっ飛ばしたので、流石に島に着いてからは休ませてもらいやす。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910172048p:plain

 

まず目指したのは【昇竜洞】と言う、いわゆる観光洞って場所だ。

www.okinoerabujima.info

 

 キャンプ場から30分くらいかな?実は過去に訪れたことがあるため、同行者二人にその魅力をバリバリ喋りながら、ワイワイとそこへ向かった。

 

で。

 

『『『着いたぜ!!!』』』

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910172657p:plain



 

『『『開いてないぜ!!!』』』

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910172741p:plain

 

マジかぁー。降水量も結構あったのかぁ・・・・。

 

こりゃ、やむなしですな。最終日に再び訪れることを誓い、泣く泣く全力で後回し。

 

第二の目的と言うことで、実は雨でびしょぬれになってしまった寝袋乾燥させるべく、コインランドリーを探すことに決めた。

 

―その場所は完全に失念したのだが、確か道路沿いを延々と走っていたところにあった。幸いなことに、布団乾燥サイズのも付いている。

 

安心して、3つの寝袋をポーンと突っ込み、お金を入れる。

 

―が。

 

これは南国クオリティなのか、全く起動しないではないか。800円は、ドブに捨てるにゃちょっと高い。

 

仕方ないので、『トラブル時はこちらへ↓』みたいな風に、手書きで裏紙に書いてあった番号に電話する僕。

 

すると、結構早い段階で繋がった。声から察するにおばちゃんとおばあちゃんの間くらいの人で、語り口調はまさに『豪放磊落』。

 

イメージだけなら、ラピュタに出てくる『ドーラ』である。 

 

『すんませんねぇー!すぐ行きますんで!』とのことで、僕らはそこでしばらく待った。

 

10分程すると、白い軽トラがコインランドリー店前に止まった。

 

『先ほどお電話いただいた方ですかね?』と、運転席にいたおばあさんが話しかけてきた。

 

60歳くらいだろうか?ただ、声も身体も壮健そのものであった。(まさにドーラ)

 

しっかりと残る歯を見せながら、『お手数おかけしますー!よく止まるんですよー、これも古いんで!』と笑顔で応対してくれる。なんか安心するなぁ。

 

『実は他のは動くんですよ!紙に書いとくのを忘れとりまして!』

 

そういいながらちょちょいとネジを外し、お金を回収すると、横のマシンに入れ直してくれた。今度は無事に、元気よく回り始める。

 

『たまたまですけど、近所の人に持っていこうかなと思って持って出てたんですわ。良かったらどうぞ!お詫びです!』

 

―と、その人は銀のトレイに乗った何かを差し出してくれた。

 

それは、まだほんのり温かいコロッケであった。栄養にも人の愛にも飢えていた僕らは、『ありがとうございます!』とがっつく。

 

・・・これが滅茶苦茶美味かったのですよ・・・。

 

島のレシピなのか、中にひじきが入っている変わり種。でもそれによってプラスされた海の香り、たまらなく良かったです。(また食いたい!)

 

―その後ついでに、その方から風呂の情報もGET。聞けば、近くの老人ホームに頼めば、18:00以降とかで入浴できるそうな。

 

・・・ということで、人の触れ合いや真心の温かさをしかと噛みしめつつ、僕らは次の行程へと移ったのであった。

 

第十章 轟風と大波とアホ三人

 

ここで僕らはある仮説を立てた。

 

『風裏なら、釣りができるんじゃね?』

 

―風裏の説明はちょいムズいのだが、吹き付ける風が山とかに阻まれた結果、無風になると思われるエリア、みたいな感じである。

 

そんなワケで、素人三人でアーダコーダと仮説を立てたところ、『住吉漁港?』って場所は多分セーフという結論に至った。

 

ってことで、釣り具を急ぎちゃっちゃか準備して、アホ三人は意気揚々とそこへ向かったのだ。

 

そして現実を知る。

 

波が防波堤を超えているぜぇ!!

 

―死ぬ。死ぬて。

 

 

 

・・・ってことで、仕方なく付近を探検することに。

 

すると、心が躍る洞窟を見つけた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910190044p:plain

 

人(170㎝)が入るとこんな感じ。サンゴの死体が堆積した結果できた土壌のため、特徴的な構造をしている。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910190136p:plain

 

だからそれっぽい化石も、結構あっさり見つかる。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910192443p:plain

 

―本当はもっと奥まで探検したかったけど、ハブとかいたら怖いので、この日は大人しく撤退。

 

一縷の望みを託して沖泊漁港も見てみたが・・・。

 

 

 

 

ポセイドンがお怒りだぁ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910192627p:plain

 

・・・死にたくないので、素直に撤退。この日は釣りをすることなく、活動終了です。

 

その後は教えてもらった老人ホームへ入浴に行き、たまたま貸し切り状態だったのもあって、超絶憩いの時間を満喫した。

 

 サァサ、二日目も終わりです。

 

楽しい愉しいBBQのお時間じゃい!!!!

 

第十一章 あらしのよるに

 

ご飯を炊くのも上手になったもんです。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910193904p:plain


夜は少し風が止んだので、火起こしはスムーズに完了。南国でBBQという贅沢な時間をエンジョイできました。(終盤の写真しかなかった)

f:id:pochihiko_inunosuke:20200910194017p:plain

 

シュラフ(寝袋)もちゃんとふかふか、テントの中もちゃんと乾いて、この日の夜は無茶苦茶快適だったのをよく覚えています―。

 

『明日こそ晴れるかな』

『明日こそ晴れるよ』

『どこに行こうかな』

『どこに行こうかね』

 

・・・多分こんなあっさいことを話しながら、僕らは眠りに落ちたのでしょう―。

 

―つづく

 

第一部・二部はコチラです↓

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村