俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

冬なので・・・。ちょっと違う食い方で魚の食味を考える。

寒すぎる。どうやら僕のいる地域は雪が降るという噂もある。

勘弁してくれ。釣りどころか外に出るのもメンドクサイではないか!

 

・・・やむなし。

忘年会等が立て込んで、公私共にワヤな状況なので、しばらくはお茶濁し企画で色々頑張ろうっと。

 

ということで、魚種も目標の約半分となった今、先入観の無い僕は、その多くを色々な調理法で食ってきたものだ。(フグ類除く)

 

その中で、思い出に残っているものをここで紹介する。

 

続きを読む

謝辞。

 

気付くのがものすごく遅れたのだが、実はこのブログ、こっそり10万HITを超えていた。

(現在12万HITを超えている)

 

細々とやって、とりとめもないことを書いて、約3年。

とにもかくにも読んでくれた方々にただただ感謝である。

 

「102種類の魚を求めて」「色々な視点から、釣りなどを通じて自然を満喫する」というテーマのもとに続けているのだが、脇道に逸れたりなんたりしつつここまでこれた。

 

ありがとうございます。

 

記念に改めて何かをしたいのはヤマヤマだが、僕自身が休日出勤パラダイスな状況なので、すぐには動けそうにもない。

 

ということで今日は報告と感謝に留めてオシマイとする。

出不精と外出欲の葛藤。~そして己が出不精の倒し方~

 

僕は胸を張って釣りが好きだと言える。

だからこそ釣具屋で1年半くらいバイトをしていたし、たまに船に乗るし、車には常時釣り具が積んである。

人生を賭けて追いたい夢の一つは、クロカジキを釣ることであり、その一環として英語力と筋力は日々鍛えるようにしている。(実を白状すると、実は英語力はカジキのために鍛えたのではなく、一番得意科目だったからというのと、現在仕事で使うからというのが98%くらいである)

 

だが同時に胸を張って言えることがある。

それは、僕自身が筋金入りの出不精だということ。

家から出なくて済むなら確実にそうする。外食がめんどくさくて絶食するタイプだ。

どこかに出かけようとも、3つ以上のすることが無いと、車のエンジンをかけるのすら億劫で仕方がない。(例:薬局へ備品を買いに行く、ついでにコインランドリーに洗濯物を放り込みに行く、ついでにお気に入りのラーメン屋に昼飯を食いに行く、とか。)

 

この出不精はかなり強く、時に僕の釣り欲にすら勝ってしまう。

前回の釣行も、寒さの余り出不精が勝ちそうになってしまった。

 

しかし、最近はこの出不精クセを倒す方法が少しずつ掴めてきた。

僕特有の方法であるとは前置きしたうえで、参考になる点があればと思い、以下に纏めることとする。

続きを読む

寒波と霧雨に耐えた果て。きまぐれ釣行with砂イソメ ~晩秋の楽しみを見つけたよ編~

 寒い。

言ったか言わずか、僕は山口県在住であり、現在寒波が訪れているエリアに当たる。

木の葉は急ピッチで色付き、紅葉をすっ飛ばして山吹色になりかけてもいる。

 

そんな折、久しぶりに釣りへと出かけた。

仕事仕事でパツパツの日々を過ごし続けてきたので、そろそろクラッチを切ってみるかと思ったからというのが動機である。(実際なんかパフォーマンスも落ちてきていたし)

 

はてさて、一体どんな釣行だったのか。

記事に認めた上で振り返ってみよう。

続きを読む

釣りとビジネスの共通点とは。

 

釣りに行く予定だったのに台風が来た。

テンションは急下降であり、なんかもう、ストレスにはならないが覇気が消えてしまう。

 

つーことで今日は、僕が釣りを通して日頃から感じていたことをただつらつらと書くことで、それを紛らわせようと思う。

 

それはタイトルの通りであり、「釣りとビジネスは類似点が多いなぁ」ということである。

僕は一応サラリーマンであり、カッコよく言えばビジネスマンとなるし、週の5~6日はスーツを着て仕事をしている。

 

その中で似ているなぁっていう点を列挙しようと思う。

続きを読む

魚種特定のプロセスを簡単にまとめる。

僕は5歳くらいの頃、祖父から色々な図鑑を与えられた。

まだ文章が読めるレベルではないけれど、本を読むという経験を積ませたかったのか、他の理由かは分からないが、とにかく僕はそれにドハマりした。

 

特にその中でも魚図鑑に心を奪われた。何度も何度も読んで、遂には図鑑が破れてしまった。

その甲斐あってか分からないが、僕は未だに魚の名前を当てるのが得意である。

水族館なんかでは、勝手に名前当てゲームとかをして、同行者を辟易させることもしばしば。

 

名前が分からなくても最悪、何科の魚なのかというのはほぼ確実に分かるので、幼少期に何かにハマった経験は強いなぁと感ずる今日この頃である。

 

っていうことを書くためにPCを開いたのではない。

そんな僕だが、このブログにもチョコチョコ載せているように、全く見当がつかない魚もかなり多いのだ。

特に熱帯魚とか、本州に居ない魚は完全に守備範囲外であり、パッと見ではお手上げだ。

 

そこで色々なツールを使って、力技で種類を同定するようにしている。

 

その方法を簡単にご紹介。

続きを読む

ミクロなフィッシングが意外と面白い。

 

皆さんはどれくらいの大きさの魚を釣るのが好きだろうか。

ちなみに、サイズより魚種な僕だが、少なくとも20cmくらいはないと実は釣る気にならない。

最大の型は大きければ大きいほど良い。

僕の最終目標は、オーストラリアの海原に繰り出し、クロカジキトローリングで仕留めることだ。

これを達成したら、僕は正直本気で何時息絶えようが笑って成仏するだろう。

現状、英語力(英検準一級程度)と、筋力は水準を超えていると思う。問題は2点で、財力と休暇だ。財力は貯金するしかないのだが、休暇はどうすればいいのだろうか。今は、新婚旅行が最初で最後のチャンスかなと思っている。婚約者はおろか彼女はおろか女友達すら現在はノータッチなのですが。

 

滅茶苦茶脱線してしまった。

・・・という僕なのだが、今日ちょっぴり見解が変わった。

結構良い天気だし、引きこもるのも勿体ないしということで、ミミズを餌に川でウキ釣りをしていたのである。

 

そこでの釣りが色々と棚ぼたで面白かったので、今日ここでご紹介。

続きを読む