俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

釣り以外

【僕の好きな魚2位】約4000字で分かる、『ピラルク』の浪漫ーロマンー。【最大級淡水魚】

僕は『ピラルク』が大好きだ。全魚種の中で2番目に好きで、水族館で見つけると結構長いこと足を止めてしまう。 悠然と泳ぐ様。堂々たる体躯。水面を爆発させる捕食。太古の時代より姿を留めているという浪漫。全てに心が躍る。僕の中の男の子的マインドは、…

アジを塩で締めて食う。タイを頂いたので捌く。 ~ここ最近の調理日記~

すごく私的な報告だが、現在米を抜くというダイエット中である。(必要な炭水化物は、飲むヨーグルトやキャベツでゲット) ガチでやれば猛烈な勢いで痩せることはわかっているが、今回はペースをそこそこにしたいので、ちゃっかり晩酌は続けている。(白ワイン…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~しっとり美味しい切り身の調理法~

魚を食べる際、皆さんはどの調理法が好きだろうか。ちなみに僕は基本なんでも好きなのだが、1つだけ『そんなにハマっていないもの』がある。 それは【ソテー】だ。 何故かというと、多分腕が無いだけなのだが、フライパンで作ると水気と旨味が飛んで、パサパ…

釣魚調査レポートNo.9 日本の大衆魚は、世界の大衆魚か?【アジ】のグローバルなお話。

釣魚として、そしてスーパー等でお馴染みの大衆魚として、【アジ】をご存じない方は極めて稀だと思う。 だからこそ、種々雑多の情報があちこちに溢れ、釣り方も調理法もほぼ体系化されている印象だ。広く浅い情報は、レッドオーシャン状態である。 こういう…

【生きた化石】約3000字で分かる『シーラカンス』のマニア知識。【古代魚】

実質家に閉じ込められている状態なので、今日は知識のキュレーション物を書いてみよう。 僕はシーラカンスが全魚類の中で三番目に好きであり、シーラカンスを模したネクタイピンを持っていたりもする。 http://www.never-world.com/uma/coelacanth.html その…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~春の全てを詰め込んだ"究極"の炊き込みご飯を作りたくて~

先日、おいしそうなタケノコを頂いた。 ※写真を撮らないままに調理しちゃったので他のタケノコの写真で代用 調理法を調べると、『早く処理しなければアクが強くなる!』という脅しがどの記事にも書かれていたため、仕事終わりにそのまま慌てて挑戦した。 mi-…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~1000円以上の高級魚が、なんと198円だってよ~

今日はいきつけの釣具屋で、ちょい珍しい『白サシ虫』(いわゆるウ〇虫)を発見したので、それを持って川釣りに行ってみた。 が。 川の中はまだ冬らしく、生命反応が皆無であった。50㎝程度のコイを2~3匹目撃しただけであり、なかなか川魚に遊んでもらえない。 …

釣りが上手くなる三原則は、『勉強』・『実践』・『経済力』だ!!!

最近ふと気づいた。20代前半の頃と比べて、ここ数年の僕の方が、ボウズになる可能性が極端に低く、また本命を獲れる確率が格段に高い。 ヘンな話だが、これは釣りが上手になったということではなかろうか。(釣りの上手い下手はどこまであるのか、正直よくわ…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~宅飲みのお供にベストな海の幸を伝えよう~

余談だが、僕は料理とおもてなしが大好きなちょっと変な人である。 先日も、会社の社員やアルバイトを数名集め、家で飲んだ。といっても、その形態はかなり特殊。 ひたすら僕が魚料理を作り、参加者はそれを食べながら飲む。 これだけだ。そして、その様子を…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~ここ最近作り溜めた魚料理まとめ~

相変わらず、海産物を使った料理のレシピを日々実践し、独りで食って独りで美味いと呟いている。 そしてふと最近気付くと、まだアップしていない料理が結構な数溜まってきているのに気付いた。いわばストックだ。 1つ1つはモチロン記事になるほどのボリュー…

『超美味いサバが、腹いっぱい喰える!』 広島県広島市『SABAR』を紹介する。

僕は基本味音痴なので、ある特定の店に入れ込んで何十回も通う・・というのはほとんどない。 だが、今日ご紹介する『SABAR』というところは、その数少ない例外だ。 sabar38.com 各地方に出店しており、またカンブリア宮殿で特集されたのもあり、とにかく繁盛し…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~独り飲みの肴を語ろう~  

2019年12月31日になった瞬間、僕は独り飲みをしていた。 20歳では美味いと思えなかった酒も、気づけばがぶがぶと飲むようになり、健康のために時たま断酒する必要さえ出るほどになってしまった。 ―そんな酒に欠かせないのが、美味しいツマミである。小粋な言…

【生態】4000字で分かる『リュウグウノツカイ』の不思議。【新発見】

リュウグウノツカイ。 テレビでたまに流れるレアな生き物紹介系の番組を観ていると、その姿を一度は見たことがあるのではなかろうか。 https://www.earthtouchnews.com/wtf/wtf/in-photos-fishermen-release-juvenile-oarfish-back-into-the-ocean-off-baja-…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~地中海のレシピを試してみたら、めちゃ美味かった!~

最近、本当に種々雑多の料理レシピを読んでいる。 COOKPADはもとより、英語で書かれた地中海らへんのそれを読むのも、勉強になって面白い。 そうすると思うのが、当たり前だが調理法の多様さだ。日本で定番とされるものじゃないのに、滅茶苦茶美味そうなのは…

【生態】3000字で分かる『エイ』と『サメ』の違い。【レア】

『エイ』と『サメ』は、割と似ていると思われないだろうか。 例えばイタチザメとオニイトマキエイ(マンタ)くらいその姿が違えば、そのことにはなかなか気付けないかもしれないが・・。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%81%E3%82%B6%E3%…

【20万HIT&200記事到達記念企画】僕は魚が、大好きなんだ。 ―第三部・ぼくとしものせき―

第六.五章 水族館を求める人たち 水族館に着いてみて少し驚いたが、他のお客さんは、別にカップルか家族連れだけでは無かった。 例えば大学生らしき女子グループも居たし、老夫婦も居た。本当にそうかは分からないが、独りで水槽を眺める方も、実は居た。 お…

【20万HIT&200記事到達記念企画】僕は魚が、大好きなんだ。 ―第二部・ぼくとかいきょうかん―

第一章 思い立ったが吉日 12月某日。魚への愛と熱にどっぷり浸かりたいと本気で思った僕は、自分の車に乗り込み、ある場所をナビに打ち込んでいた。 それは、『海響館』。 www.kaikyokan.com 山口県下関市にある、有名な水族館だ。2001年のオープン以来、家…

僕の中で『カレイ釣りのセオリー』が覆りつつあるので、まとめてみる。

ふと振り返って気付いたが、今年は(僕にとって)やたらカレイが釣れる。 ついこないだも、波止で適当な投げ釣りをしていて29.5㎝のそれが出たので、冬は一体どうなるのか今から楽しみである。 ―そして、振り返って気付いたことが、もう1つある。それは、今年…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~いつも見るけど食べたことは無かったアイツたち~  

今週も釣りに行ったが、夜釣りで3時間粘り、手のひらサイズのメバルが2匹だった。餌は青虫、場所は小茅漁港。 うーん、このブログのネタとしては、あまりにもパンチが弱い。(楽しかったけどね) そして翌日にリベンジを誓っていたら、中国地方に雨が降ってき…

【小ネタ】味だけなら、案外再現可!家で寿司を握ってみた。

先日の寿司屋の味が忘れられない。 pochihiko-inunosuke.hatenablog.com 『あー、また寿司が食べたいなあ』 『でも、バクバク食ったら破産するなあ』 あまりにも美味しかったため、そういう自問自答をここ最近ずっと繰り返している。 すると、その問答の中で…

『旬の地魚を堪能できる!』 山口県山口市『たかくら』を紹介する。

昨日、ここの『たかくら』という回転寿司屋に行ってきた。 大学を出てすぐくらいのときに、先輩から『美味い寿司屋があるんよ』と連れて行ってもらったのがココ。 以来その旨さにハマり、年に二回くらいのペースではあるが、良いことがあるたびにここへ繰り…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~開きの可能性を探る & 異国の料理に挑戦DA!~

結局、社員研修旅行での釣り計画は頓挫してしまった。体力と財力と時間と、組織内の力関係というアレです、はい。 ということでまたしても実釣記を書き損じたので、しばらくはこの『あらゆる水産物を賞味したい』シリーズの拡充に努めることに決めた。 今日…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~釣り人の至福・刺身をグッと美味くする方法3選!~

僕は魚を釣っている時間も大好きだが、同じくらい、それを味わう時間も好きだ。 その中でも『釣り人ならでは!』という調理法は、『刺身』一択ではなかろうか。 鮮度が良いのと思い出補正が入るからか、多少デタラメに調理しても、釣魚の刺身は美味しいもの…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~『放置で10分超美味しい・なんちゃって塩焼き』をご紹介!~  

魚の身をフライパンでソテーにする。一番簡単に思える調理法だが、僕はあまりこれが好きではない。 身の水分が飛び過ぎて、どうにもパサパサし、かつ硬くなって、美味しさが激減しているとしか思えないからだ。 ―とはいえ、僕の家にグリルもないし、他にどう…

『アナゴの天ぷらのてっぺんや!』 山口県萩市『来萩』を紹介する。

こっそり新しいくくり。今まで食った中で、飛びぬけて美味かった魚料理をつらつらと紹介したいと思う。 メモリアルな一発目は、山口県萩市にある『来萩』というお店、そしてその中でも特に好きなメニュー、『海鮮天丼』について書いてみる。 www.kihagi.jp …

『アイナメ・クジメ、ブリ・ヒラマサ・・』そっくりな魚の見分け方をまとめてみた。

GWに実家に帰ったとき、小さい頃に読み倒した魚図鑑を発掘した。 大人になった今でも、それを読むと心が躍る。気づけば30分、図鑑に載っている魚を眺めるのに没頭していたくらいだ。 それくらいの魚LOVERな僕であるが、パッと見だと即座の判別が厳しい魚たち…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~サーモンの魅力をひたすら語る~  

『食べるのが好きな魚は何か?』と訊かれると、僕は少しだけ悩んで『サーモン』と答えるだろう。 それくらい大好きな魚であり、毎日食うわけではないが、一度チャンスに巡り合うと大量に食べてしまう。(回転寿司なら、半分近くはサーモン) ふと自分が携帯で…

意外な食性を持つ魚をまとめてみた。

釣魚図鑑を見ていて気付いたことがある。例えばメバルならこんな感じ。 『積極的に甲殻類や小魚を捕食する。』 正直、これを読んで首をかしげた。僕はこれ以外の餌でもメバルを釣ったことがあるし、胃から違うものが出てきたこともある。 勿論これは釣魚図鑑…

冬になると魚が釣りづらくなる。では、奴らはどこにいってしまったのか?を調べてみた。

今年は暖冬らしいと言われるが、寒いものは寒い。 ちらほらカレイとかグレの釣果が聞かれるようになったが、こうなると気になることがある。 春から秋にかけてはバカ釣れするのに、冬にぱったり姿を見せなくなる魚たちはどこにいってしまったのか?というこ…

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~ちょいとの練習と道具で、お値段以上を実現できるヨ、という話~

丸物(全く調理されていない状態)で売られている魚を見ると、心が躍る。これは生まれつきの性らしい。 勿論切り身で売られているのも、調理がラクで大変有り難いので、それを否定するつもりは全くないのだが。 しかし、調理済みの魚にはちょっとしたデメリッ…