読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

特別企画。 異国の生き物たち ~越南編~ 

9月はたくさん更新しようと思った矢先、PCがぶっ壊れた。

奇跡的にデータは無事だったものの、失った時間は戻ってこない。

 

なんつって。

前回は魚にフューチャーした記事であったが、今回は”動植物”にスポットを当ててご紹介していこうと思う。

 

というのも、越南の生き物もまた水生生物同様、見た目が日本のそれとは違って面白かったためである。

 

では、1か月前の記憶で細部に不安があるが、レッツ振り返ってみよう。

  

あちこちにいる生き物たち。

 

のっけから行くとこれ。これはとある生き物の唐揚げである。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223549j:plain

ヒントとして、こいつは両生類であり、日本にもいる。

 

さあ、閃いただろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カエルである。

但し、味は普通に鶏肉のささ身。一人で3人前くらい食べまくった。

それくらい美味である。

ちなみにワニと考えた人は惜しい。売ってはいたのだが、高くて手が出なかったのがワニである。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223617j:plain

メコン川に向かう途中に遭遇。

なんと水牛である。

なんとなんと、野良であるという。

スケールが違うよ、同じアジアなのに・・。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223641j:plain

メコン川ツアーにて。

気性が大人しいミツバチだという。

直に指を突っ込んで、蜜を舐めることが可能。

ただ、刺される確率は2割だとか。結構高いやんけ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223658j:plain

微塵のやる気も感じない猿。

手を握っても一切目覚めないという熟睡っぷりで、ずっとぷにぷにして遊んでた。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223717j:plain

フルーツたち。

手前がドラゴンフルーツ、黄色いのがパイナップルである。

尚、ランブータンという名前の何かと、ライチっぽい何かと、思い出せない何かも出て、全部美味しいという奇跡であった。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223740j:plain

クロダイと身質がそっくりな魚。ホテルの朝食で食べたものの、正体は不明。

海水魚なのか淡水魚なのかも不明。ただ味は美味しい。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20161003223801j:plain

最後。ベト猫。

日本の野良猫とは顔立ちがどこかシャープであり、個体差を感じる。

あと何故か超カメラ目線であり、被写体として最高の仕事をしてくれている。

 

おわりに。

 

以上が生き物編である。

そろそろ釣りの記事を書きたい、というかネタは実はあるのだが、休みの度に大雨とか台風が来て、週末は引きこもるのがルーティンになってしまっている。

 

玄界灘のカツオとかそろそろアツいのになぁ。

ってことで次の記事もベトナムのネタでお茶を濁すことにしy