俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

三度目の正直となるか?謎の魚群に新たな手段で挑んでみた! @山口県防府市西浦

前回の釣行から、僕の心はモヤモヤしっ放しである。なぜか?

 

それは、巨大な魚群が入っているのを知ってるのに、それを釣れてないからだ!!!

 

前回は手持ちのソフトルアーと青虫で挑んでダメ。記事にはしてないが、シラウオとキビナゴをもってっても、見向きもされず、ダメだった。

 

となれば、第三、第四の手を打つのみである!!

 

ということで僕は新たな作戦を携え、仕事後に西浦へ向かうのであった。

 

 

 

新たなる作戦。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200113131648j:plain

 

その作戦とは、過去に結構良い思いをしてきた、『エセフラッシュジギング』である。

 

やり方は超簡単で、

 

① 道糸に直接サビキ仕掛けを結束

 

② 本来カゴを付けるところに、メタルジグを装着

 

③ 投げて巻く!

 

というモノだ。

 

今回は『小アジ専科』の以下のシリーズに↓

 さてさて。釣り場に着いたのはざっくり20:30であった。案の定、同じ場所に魚が無茶苦茶群れている!

 

今日こそ仕留めてやるぜ!!そういう熱い思いを込めて、サビキをキャスト。

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

全力でスルーされる始末。

 

群れのど真ん中に投げてもダメであった。チクショウ!

 

諦めきれない僕は、釣り座を変更。エソ?に見切りをつけ、別の大群を狙うことにしたのだ。

 

大体内湾はほぼ全域で、何かがジャボジャボ跳ねており、大群が移動するのが見えた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200127214322j:plain

 

 こうなれば数を打って当てるしかない。ひたすら足を使い、移動しては投げ、移動しては投げた。

 

―それが何投目か分からなくなるくらいのタイミングで、ついに何かがヒットする手ごたえが来た!!!

 

ワクワクしながら巻き上げる僕。一体、貴様らの正体は、何なのだ!!!!

 

そして釣れた魚。

 

コイツでした。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200127220020j:plain

 

20㎝強のボラ。釣り上げた瞬間ポトリと落ちたので、スレ掛かりか、食いついたのかは不明だけど・・多分スレである。

 

 あー、正体はコイツだったか―

 

というオチで終わっても良いのだが、実は今日は色々な収穫が他にもあった。

 

例えば、明らかにボラではないフォルムの魚が数匹、湾内を高速で泳いでいるのを見た。恐らく数少ないセイゴでは、と思う。

 

また、死にかけのコノシロが水面に浮いているのも見た。自然死なのか何かの襲撃を受けたのかは不明だが、後者なら激熱である。

 

さて。

 

その後だが、沈んでいたロープにジグを持って行かれ、げんなりしたため終了。色々と分かったが、多分夜釣りでは無理だ。

 

今度は朝~昼にかけて挑んでみようっと。

 

調理レポート。

 

冬のボラは美味いと言われているのと、釣り上げる時にボロボロになってしまったのとで、調理することに決めた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200127220757j:plain

 

近縁種の『メナダ』かな?とも思ったが、脂瞼と顎の感じが違うので、これはボラだと判断。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200127220837j:plain

 

ってことで調理開始。身は骨が硬いため、包丁の位置がつかみやすく、捌きやすかった。大名おろしではなく、きちんと丁寧に三枚おろしにしてみる。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200127221123j:plain

ちゃっかりと『珍味・ボラのへそ』も回収。

 

『ボラのへそ』とは通称で、ボラの胃の幽門(胃と十二指腸のジョイント部)が特徴的に発達したものだ。

www.yokohama-maruuo.co.jp

 

ただ、コレを生で食うとか超怖いので、今回はボイルして頂く。身は刺身でそのまんま。

 

そしてできたのがコレ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200127221358j:plain

今回は醤油が無かったのでポン酢で食べてみる。では感想をば。

 

まず身。とりあえず、心配していた臭みは全くない。だが、旨味にも乏しい。ポン酢の味しかしない・・・。

 

ちょっと淡白すぎるので、調味料をどう選ぶかで味は大きく変わると感じる。

 

で、ボラのへそ。コチラは一口でポイっと。

 

・・・・・。

 

柔らかい砂肝みたいな食感だ!確かに、なかなか形容しがたい味と舌触り。ぶっちゃけ味はほぼ無かったが、面白い食感であった。

 

ということで群れの1つはボラだと分かったが、まだまだ未知の魚群は潜んでいる。こうなれば朝か夕マズメを狙わないとダメだろうなぁ・・。

 

正体が少しつかめたのに、一層謎が深まる釣行であった。

 

終わりに。

 

これで残り魚種は48種類。はボラ、このブログを始めてから、食ったことはあるけど釣ったことは無かったんですよ。

 

最近西浦ばっかり行ってるので、新しい釣り場を見つけねばなとは思うのだが・・・。どこの釣果情報も乏しいのと、魚群が気になり過ぎるのとで腰が重い。

 

ま、暖かくなったら遠征でも、してみましょうかねぇ。

 

それでは今日は、この辺で。