読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

釣り堀のススメ。 三次編

先にネタバレ。

約9か月ぶりに、魚種を増やすことができた。

仕事しつつこれしつつってのは、想像以上に大変だなと再認識する次第である。

 

さて、タイトルにもある通り、ついこないだ帰省したついでに釣堀へ行ってみた。

場所は,実は人生で初めて行く三次市。宇遠木渓流センターという場所である。

 

ホームページを見たところ、どうやらバーベキューも出来るとか。

しかも七輪や具材は全て用意してくれるそうな!

アツいねこれは。

 

つーことで有志を2人募り、夏の思ひでを作る為、一路三次市を僕たちは目指したのである。

  

To 三次

 

広島市内から出発し、中国自動車道を通って行けば、おおよそ1時間で着くほどの距離である。

但し、三次に着いてからは狭い道をガンガン行くところもあるので、スマホでもカーナビでも、案内を補助してもらうことをオススメする。(名前でダメでも、電話番号を入れたら結構出てくる)

余談だが、中国自動車道を通っていく場合、安佐SAに立ち寄れば、かなりの種類のポケモンが確認できた。しかし、目的地周辺になると、せいぜいズバットが出るくらいなので、そちらの期待はしない方が吉。

 

三次到着後。

 

無事に目的地に着いたら、軽い説明と支払いを済ませて釣り開始。

釣竿と餌を合わせて、一人800円とかだった気がする。

さて。

釣り堀の大きさとしては小規模なものの、数は極めて多い。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823000652j:plain

こんな感じ。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823000708j:plain

開始数分でこれくらい釣れる。初心者も安心である。

 

水が出るところでは、色が変わるくらいの密度で集結している。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823000733j:plain

ここに投下すれば正直数秒で釣れる。

 

良い写真が撮れずあれだが、一体何釣ったんだよお前ということで。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823000750j:plain

ヤマメである。渓流の女王と名高いヤマメである。

サイズは12~15㎝程で、”食べるのに”丁度いいサイズを育てている施設だからこその大きさである。

これで残りは74種類。うん。

山奥の清流か何かを目的地として、合宿を敢行せねばならぬようなペースの遅さである。

牛歩すら早く感じる。

 

それはさておき、この宇遠木は自然が豊かで面白い。

 

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823000817j:plain

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823001022j:plain

森林浴もバッチリだ!

 

尚、釣りそのものは、開始15分くらいで満腹を通り越すくらい釣れたので納竿。

ちなみに買い取り料は100g300~500円で、唐揚げか塩焼にしてもらうことが可能である。

 

納竿後のお話。

 

納竿後は、併設の風情たっぷりなお座敷にて、バーベキューとヤマメを賞味することに。

おにぎりやビールも販売してあるため、冗談抜きで何も買わなくても良い。(むしろ保健所の指導の為、材料の持ち込みは基本NGだという。)

 

また、オプションとして鮎のつかみ取りもできるそうな。要予約。

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823001102j:plain

この小池で家族連れがしていたが、結構難しく面白そうであった。

 

さて、のんびりくつろいでいると、アツアツの七輪と材料が届いた。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823001130j:plain

「え?こんだけ?」とお思いの方もいるかもしれないが、非常に丁度いい量である。

3人分の必要量はまさにこれくらいであり、普段は買い過ぎというのが身に染みてわかった。

 

無論、美味!特にビールは五臓六腑に染みわたる美味しさであった。

ちなみにドライバーは下戸の友人にお願いしており、飲酒運転という下衆の所業は誓ってやっていないことを付記しておく。

 

焼き肉に舌鼓を打っていると、ヤマメの料理も届いた。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823001204j:plain

これがまた絶品であった。塩焼は素朴ながらも脂が乗った絶品であり、唐揚げもまた骨まで食べることができて最高であった。飲み過ぎたらアレなので飲酒こそそんなにしていないものの、心身ともに充実した時間であった。

 

From 三次

 

しかし、雲行きがどうにも怪しい。本当はもっとゆっくりしたかったものの、夕立の恐れがあったため早々に出立。一人頭3000円くらいの出費だっただろうか。

ややお高めに感じるかもしれないが、後片付けや調理が不要と考えると、むしろ割安である。日帰りの釣堀バーベキューを行う際には、とても良い場所だと感じた。

 

その後はSAを転々としてのんびり帰宅。案の定にわか雨が降り始めるも、すでに帰路に着いていた為無問題。山の天気は変わりやすいので、柔軟に対応できるようにしておいた方が色々と吉である。

 

さて、久方ぶりの釣りであったが、やはり楽しかった。

最近は夜型の生活の為か、早起きして釣りへGoという元気が薄れてきたものの、行くとどうにも楽しいのは、やはり心の底から僕が釣り好きということなのだろう。

9月はいっそ玄界灘にでも行こうかな。その前に貯金しないとな。

 

今年度中に60種は切りたい。そろそろ計画的に考えよう。そうしよう。

f:id:pochihiko_inunosuke:20160823001247j:plain