俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

僕はあらゆる水産物を賞味したい。 ~パンガシウスって何だ?~

 

先日、いつもとは違うスーパーに行ってみた。いつものように鮮魚コーナーをウロチョロしていると・・・。

 

全く馴染みのない名前の魚が販売されていた。なんだこれは?サッパリだぜ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20190415163911j:plain

 

調べてから買っても面白くないので、買ってから調べることにした。

 

以下、今日はその食レポ(とおまけ)である。

 

  

 

結局パンガシウスって何だ?

 

Google画像検索で『パンガシウス』と調べて出てきたのがコチラ。

http://www.toyoreizo.com/work/images/story_17/work_story_01_photo.jpg

http://www.toyoreizo.com/work/images/story_17/work_story_01_photo.jpg

 

つまり、ナマズだ。尚、ベトナムを始めとする東南アジアの国とかでは、普通に食用魚としてポピュラーである。

 

・・正直僕は見た目がいくらグロかろうが、魚である限り抵抗は全くない水産物で食べるのに躊躇するのは、正直イソメくらいである。

 

イソメとか食わんだろバカと思った方。東南アジアではたまに出されますヨ

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/635/41/N000/000/003/128826676878516229180.JPG

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/635/41/N000/000/003/128826676878516229180.JPG

 

閑話休題

 

まずは身の感想をば。

 

バトー(マトウダイ)の身の形に似ているが、脂が大量に乗っているらしく、とてもテカテカしていて食欲をそそる

 

正直切り身を見てナマズと当てられる人はかなり珍しいのでは?ただ、日本で見る魚とも色々違い、結構興味深い。

 

じゃあ次。いよいよ味について調べていこう。

 

調理はシンプルにソテーにしてみた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20190415164315j:plain

 

素材の味を生かしつつ、調理の手間を削減する素敵メニューだ。

 

炒めているとき、滴る脂で色々パチパチ跳ねるかなと思ったが、そんなことは無く杞憂であった。

 

こってりした見た目だけに、ちょっと意外。

 

じゃ、さっそく食べてみよう。

 

表面はパリパリになったが、中はものすごくふわふわである。今まで食べてきた魚のどれにも合致しないぞ!

 

味は淡白の中に、脂の旨味がきちんと入っていて、とても美味。ちょっぴり危惧していた泥臭さは皆無であった。

 

かつて激減し続けているウナギの代替案として、ナマズを用いようという話があったな。

 

なるほど。ウナギに近いっちゃ近い。というより、養殖のやっすいウナギより、こっちのが美味いぞ!

 

ということで僕の感想はこんな感じ。

 

国産高級ウナギ(3000円程度) > パンガシウス >> 養殖の安いウナギ(800円程度)

 

価格も全然高級魚クラスではないので、認知さえ高まれば立派に代役を務めるだろうなと、僕は思った。

 

これで残りは73品目。スーパーが変わればラインナップも変わる。

 

当たり前だけど面白いことに気づけた1日であった。

 

おまけ

 

実は魚種を増やすことを狙いに、子どもの頃通いまくったドブ川に行っていた。

 

釣り人などいるわけがない汚さの川で、イモネリを用いて粘ること1時間・・・・。

f:id:pochihiko_inunosuke:20190415164432j:plain

 

既に釣ったオイカワを2匹という収穫だった・・・。大きいフナとかイナとかの姿も見えたが、イモネリにはアタックしなかった。

 

尚、帰り道に小学生の大群に遭遇し、めちゃ絡まれた(興味を持たれた)という愉快な出来事も付記しておく。

 

うーん。既存のエリアで魚種を増やす限界を感じてきたなぁ。

 

清流とかだと、どこが良い釣り場かなんて、ネットにまず落ちていないニッチ情報である。

 

自分で探すか?地域の人に聞き込みをするか?手はまた考えないとな。

 

今年は絶対に魚種を増やす。実は、累計200000HITも見えている。なんか企画も考えないとなぁ。

 

というウダウダした独り言をもって、今日はおしまいとする。