俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

【実験】海釣りの仕掛けは、川釣りに通用するのか? ~投げ釣りとルアー編~

海釣りの仕掛けを川釣りに流用する。やってることはなんでもないのだが、実際にやってみるとなんか新しい可能性が開けたみたいで、とても楽しかった。

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

ということで、他にも何かできないかな?と考えて、実践してみた。

  

まずは投げ釣り。

 

投げ釣りは正直、海釣り限定ってほどじゃないけど、川ではあまり馴染みがないような気がする。

 

ちなみにオモリは、シロギス用の仕掛けが水中で漂うタイプのものにした。針はコイ針である。そしてエサは、万能なミミズ。

 

今回は前々から目星を付けていた、貯水池へ釣行した。

 

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150810234828j:plain

こんなところである。昼は暑いので朝早く行った。

 

早速仕掛けを投入して、糸のフケを取って待機。すると、2分ほどでシロギスっぽいアタリが。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150810234841j:plain

なんだコイツは。ハヤとは違うし・・。僕が知ってる中では、ワタカって魚に似てるけど、どうなんだろう。図鑑を早く入手せねば。

 

そして再び仕掛けを投入。すると、今度は5分ほどでアタリが。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150810234858j:plain

ゴリである。ゴリは正式和名じゃなかったと思うので、これまたリサーチが要るな。

名称不明の魚は別記事でまとめて名前を調べてみよう。

 

さて、順調な滑り出しではあったものの・・・。日が昇るとともにアタリが遠のき、1時間ほど何も無い時間が過ぎてしまった。

 

そこで僕は作戦を変更することにした。

 

ルアーはどうなんだろう。

 

次に使ったのは、ルアーである。

 

といっても、5gのジグヘッドと、チニング用ソフトルアーだけど。何故かこれだけ家にあったので、持ってきてみた。

 

ルアーは別に海に限った話ではないけど、今回の仕掛けはチヌ用なので海釣り用と解釈した。ご都合主義万歳である。

 

貯水池に投入後、また10分ほどで、非常にズッシリしたアタリが。

 

思いっきり合わせてみると、すごく重い。コイか?と思ったが、水面から何度もジャンプしている!

 

急いでリールを巻くも、ドラグを緩めていたのでギャリギャリでちゃってなかなか寄らない!でも、すごく楽しい!

 

5分ほどのファイトの末、何とか取り込んだのは・・。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20150810234929j:plain

50cmほどのライギョであった。ちなみにライギョを釣ったのは生まれて初めてだ。

 

身近な釣り場で、こんなんがいたのかよ!と僕はすっかり興奮してしまった。が、その後は再びアタリが遠のいたので、さっさと帰宅することに。

 

結果としては割と上々なんじゃないかと思う。

 

まとめ

 

投げ釣りも通用する。海水魚と違ったアタリが出るので、新鮮な気持ちで釣りができる。オススメである。

 

ルアーも良かった。ソフトルアーのみの結果だけど、大物が狙えるので、小魚に飽きた人にオススメだ。

 

さらっとした報告であったが、以上である。これで残りは86種類。数が減ってきてることを初めて実感できた気がする。

 

次はそろそろ、また海に行こうかな。

f:id:pochihiko_inunosuke:20150810235003j:plain