読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

家で釣りを練習しよう!オススメの釣りゲーム。

いつかの記事で書いた気がするけど、僕の持論では、釣りを始めたい!って人はまず何かしらのゲームから始めることをオススメする。

「釣りってあれでしょ?針に餌つけてペィーンでしょ?」というノリだけで釣りに行くと、多分玉砕して終わる。釣りって何なのという具体的イメージを持つだけでも成果や楽しさは大きく変わると思う。そしてその手段として、僕は釣りゲームをオススメしている。

 

そこで今日は、僕のオススメの釣りゲームを紹介しようと思う。

といっても、最近の釣りゲームはサッパリ分からない為、世代としては少し古くなるが・・・。

 

まぁいいだろう。

  

フィッシュアイズ2

これは僕が神と思ってる釣りゲーである。

釣竿だけでなく、ラインの太さ、針の大きさ、仕掛けそのもの、餌などを色々なモノから組み合わせることができ、非常に実地のそれに近い仕様となっている。

フィールドは多分実写で撮ったものを使っている為、臨場感もある。

そして、仕掛けの投入は一部を除いて、好きなところに投げることができる。

魚の動きもリアルだし、種類も60以上とたっぷりである。

途中でカジキにも挑めるし、最終ステージはまさかのアイツである。これはネタバレしないでおこう。

まぁ、プレステのゲームなんだけど、面白さなら群を抜いていると思う。

そういえば釣った魚を水槽で飼うシステムもあったなぁ。

 

ちなみに、数年前にwiiでこのシリーズの最新作が出たらしい。

僕はプレイしていないけど、PV見る感じ面白そうだったので、そっちもアリかもしれない。

 

ぬし釣り64

このブログの由来にもなったゲーム。基本システムはフィッシュアイズ2に近いが、こっちは色々なステージを自由に動いて冒険することができる。

さらに春夏秋冬と季節の違いもあり、魚の分布も結構コロコロ変わる。

そして釣りだけでなく、花摘みや昆虫採集、動物との触れ合い(たまに襲われるけど)も楽しむことができる。

後は不思議とプレイしていると懐かしい気持ちになり、なんか疲れた時にもオススメできる。

まぁタイトルの通り、64のソフトなんだけど。

 

龍が如く 維新! 龍が如く 0 内のミニゲーム

 

ちょっとした番外編だけど。

僕は龍が如くシリーズが好きで、友達からネタバレを食らった1,2以外は全作プレイしてきた。

本編の内容は釣りに全く関係ないので省くとして、このゲームでは、ミニゲームとして釣りも楽しめる。

維新であれば川、海、磯。0であれば埠頭か川という具合である。

正直言って自由度では専用のそれよりもかなり劣るが、魚が釣れる瞬間のスリル間は実際のそれと結構近い。

釣りの為だけに買うのはオススメしないが、もし持っているのであれば、釣りもやってみてほしいなと思う。

 

終わりに

 

ゲームで釣りが大体わかったら、とりあえず釣り堀か、フナが見えるような川に行くことを次にオススメしている。

やり方が分かったら、次は釣る楽しさが大事だと思っている為だ。

いきなりシーバス狙いに直行とかだと、多分難度の高さに心が折れる。できれば、経験者に同行してもらうと尚良いだろう。

 

ということでもっともらしい言葉たちを隠れ蓑にしたお茶濁し。

皆さんも是非、自宅でも釣りにどっぷり浸かっていただければなと思う。

 

とりあえず僕は今から飲み会である。

来週こそ海いきてーなー。寒いだろうけど。