俺のぬし釣り

釣りを通じて魚と自然を愛でる。ただしクセの激しいオリジナルな方法で。

タイラバ童貞卒業めざし、2年ぶりの大海原へ! ~納竿後の楽しみ、それはフルコース~ @山口県萩市沖

最後に船に乗ったのはいつかなぁと思いめぐらすと、記事にすらしてない、2年前のイカメタルが最後だった。

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

だからこそ日頃から、色んな方の釣行記を読んだり聞いたりするたびに、『あーあ、船乗りてえナア』とそわそわしていたのだが・・・。

 

つい先日、縁あって船釣りへ繰り出すことができたのだ!

 

ターゲットは『タイラバ』を使っての『マダイ』

f:id:pochihiko_inunosuke:20200627112958p:plain

 

実は過去に一度釣ったことはあるが、これはメタルジグにたまたまヒットしたものなので、タイラバでは一度もない。

 

つまりまだまだ、ヘンな言い方だがタイラバ童貞なのだ。だから今日こそ、卒業したいですよ。

 

そんな滾る思いを胸に日本海へ飛び出すべく、一路萩へと出発するのであった。

 

 

出船。

 

天候はあいにくの雨。ただし、釣りに関係するのは波の荒れ具合とか風なので、あまり参考にはならない。

 

実際着いてみると、波は非常に穏やかで、問題なく出港できた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200601153547j:plain

f:id:pochihiko_inunosuke:20200601153601j:plain

 

湾内を出てもこんな感じ。雨は降っているが、吹き抜ける風がとてつもなく気持ちいい。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200601153647j:plain

 

さてさて。船上で携帯を持ってはしゃぐと、絶対に手を滑らせてロストするので、写真は今回少なめである。それを前提に、以下出来事をまとめていこう。

 

How to タイラバ。

 

タイラバ用ロッドは持っていなかったため、まさかのジギングセットに装備という超荒業。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200601153803j:plain

 

タイラバについて軽く説明しても良いのだが、やたらと紙幅を費やしてしまうため、DaiwaのHPのリンクに留めておく。

www.daiwa-kohga.com

 

ということで釣り開始が大体7:30頃だった記憶がある。

 

嬉しいことに、開始早々アタリが頻発!!

 

 

 

 

僕以外に!!

 

良型の根魚がバコバコ上がるのを見るたび、喜びと同時に焦りが生まれる。ひやひやモノである。

 

―そんな僕にもチャンスが来たのは、場所をチェンジして2~3回目のリトリーブ時。ゴツゴツというアタリが来たのだ。

 

タイラバは基本、アタリがあってもアワせないのが正解。大抵それは、針ではなくゴムの部分へアタックしているためだ。

 

だから棒引きを続けた。

 

―アタリ、消え去る。

 

・・・ワオ。

 

―と思っていたら、思い切り竿先を叩かれた。コレは確実にノッたでしょ!

 

・・ふわっと軽くなる竿先。バレたのだ。

 

おうふ・・・。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20200601154410j:plain

現実逃避に海を眺める。あぁ、平和だぜ。

 

そして場所チェンジ3回目。果てして今度は・・・。

 

すると、遂にアタリがハッキリと出た!今度は確実にノッたようで、確かな手ごたえがずっと続く!

 

そして回収すると・・・・。

 

37㎝のアオハタであった!(写真は最後にまとめてドン)

 

いや~、嬉しい!何より、ボウズじゃないことが確定したのが嬉しい!いいサイズじゃねぇか!

 

―その後も船上は賑やかだった。アコウ、マハタ、アオハタ・・・それらがかわるがわる釣れたのだ。

 

だが不思議なことに最後までマダイは出ず、根魚パラダイスと形容すべき1日だった。

 

でも、今更そんなのどうでもいいんだ!釣れたんだ!楽しかったんだ!

 

なんたって、僕もトータル3匹釣れたもんね!(この中の)

f:id:pochihiko_inunosuke:20200601154725j:plain

 

ちなみに、ヒットカラーに極端な傾向はなく、オレンジ・赤・白などにぱらぱらと出た感じであった。

 

さて、後は納竿後のお楽しみ!いよいよ調理編である。

 

アオハタ・フルコース

 

以下、僕の釣果。(カサゴは頂いた)

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604221505p:plain

 

三分の三でアオハタである。実は食ったことはあるが、そんなことは今更どうでもいい!

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

せっかくなので、作れる限りのレシピを考え、フルコースにしてみることとした。

 

昼食:アクアパッツァ

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604221537p:plain

実は不思議なことに、釣りから帰って19時間も眠りこけてしまった。正確には、どうにもその時間、ベッドから出られなかったのだ。

 

なので、帰宅した次の日の昼食という意味なので、ご了承いただきたし。

 

あの量を夜に一回で食えるわけないので、昼食でも頂こう。メニューはアクアパッツァ。家に調味料はあったので、作るの自体は楽である。

 

そして完成品。何も考えず赤ワインを入れたら、超毒々しい色になってドン引き。

 

でもま、本来のアクアパッツァは根魚で作るものらしいので、相性は絶対に吉だと思う。

 

ほいで、喜び勇みながらパクリ。

 

はい、美味い!洋風の調理法はとりあえず大正解であった!(見た目はアレだが)

 

―さて、これはまだ始まりに過ぎない。まだ夕食(&晩酌)というメインが控えているではないか!

 

ここから、絢爛豪華なフルコースについて書いていく。以下、メニューのご紹介。

 

アオハタとカサゴのフライ

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604221636p:plain

 どうにも貧乏性な一面があり、船で釣った魚は刺身か塩焼きなど、あまりもとの味が消えない調理法ばかり僕はやってきた。

 

だが今回はせっかく数がいるので、揚げ物でも頂いてみる。

 

身がずっしりと詰まっており、あげている段階からテンションが上がり、期待が高まる!

 

アオハタとカサゴの刺身

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604221759p:plain

 

釣り人の至福、刺身。アオハタの刺身が美味いことは知っていたが、カサゴが未知数である。

 

ただ頭がデカすぎて歩止まりが悪く、そこまでは取れなかった・・・・。

 

アオハタ握り

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604222041p:plain

 

その至福をワンランク高めるのが、『握りずし』ではなかろうか?意外と調理そのものは簡単なので、再現はラクチン。

 

正直、実食が一番楽しみであった。

  

あおはた飯

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604222153p:plain

すこしチャレンジ作。『たいめし』という豪華な喰い方があるが、それのアオハタ版だ。味はどうなのだろうか?楽しみである。

 

尚、素材そのものの味を楽しむため、他の具材は一切なし!

 

アオハタのアラ煮

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604222341j:plain

 

文字通り、骨の髄まで頂きつくす。アラもガッツリ煮込み、食えるところを全部食うのだ!

  

―ってのをテーブルに全部並べてみた。 なんか3000円くらい取られそうな構えだ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604222405j:plain

 それを順番にもぐもぐもぐもぐと頂く。そして漏れ出るため息。あぁ・・・

 

何と幸せな時間なのだ・・・・・。調子に乗ってワインを飲み過ぎて二日酔いになったが、まぁいいだろう。

 

釣って楽しく、食べて満足。萩の自然と人との繋がりに大感謝である。

 

これで残りは44種。最近、調子がいい。船に乗るための新しい交友関係もできたし、本当に収穫だらけであった。

 

あー、また船に乗りたいぜ。タイとアコウとヒラメを釣りたいぜ。

 

では今日はこの辺で。

 

※音楽が割れていたので、修整しました!

youtu.be

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村