俺のぬし釣り

釣りを通じて魚と自然を愛でる。ただしクセの激しいオリジナルな方法で。

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~超高級魚が100円で!やっぱりすごいアラの魅力をまた述べる~

今日、仕事の空き時間が激しくできたのもあり、ふらりと『鮮魚』がウリのスーパーに立ち寄った。

 

やはり『丸物』は見ていて心が躍る。スーツ姿で3分くらい、その前で立ち止まってしまった。

f:id:pochihiko_inunosuke:20190909213338p:plain

 

すると、僕が超好きな、ある魚の名前が書かれた値札が見えた。価格は1匹2300円ほど。ズバリ高級魚だ。

 

僕はそれがとてつもなく大好きなので、見つけた瞬間に購入を決意した。

 

しかし・・・。残念、無念。その魚はすでに売り切れであった。まぁ、超がつくほど美味い魚だからな。納得は出来た。

 

そういうのもあり、少しだけがっかりしながら店を出ようとしたところ・・・。シビれるような出会いがあった。

 

なんと!ラスト1パックで!その魚の『アラ』が売られていたのだ!しかも値段は100円ちょい!これは買わない訳にはいかない!

 

鼻孔をぱんぱんに膨らませつつ、僕はそれを購入した。仕事中、ずっとそれが楽しみで楽しみで、ウキウキしながら作業をこなし続けたものだ。

 

そして今しがた、ようやく仕事が切れたので、小躍りしながら早速調理に取り掛かるとしよう!

 

 

 

僕が興奮した魚とは?

f:id:pochihiko_inunosuke:20190407115451p:plain

何を隠そう、シマアジだ。

 

アジの良いところと中トロの良いところを混ぜたような絶品の魚であり、回転寿司でも高級魚らしく、金の皿に乗っていることが大半だ。

 

それのアラを、人生で初めて発見したのである。興奮しないわけがない。

 

ということで、素材の旨味を存分に味わえるような調理法で頂くとしよう!

 

ということで採用した調理法とは?

 

過去にちらほらと紹介したコチラ。なんちゃって塩焼きだ。

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

これを使い、無理やりそれっぽく仕上げてやろうという魂胆である。

 

ということで準備は一瞬で完了。いざ、着火。

f:id:pochihiko_inunosuke:20191012181245j:plain

 

で、完成

f:id:pochihiko_inunosuke:20191012181304j:plain

 

上手に食べさえすれば、可食部はなかなか多い。値段の割にかなり豪勢な晩飯となった。

 

感想。

ということで、醤油を少々かけただけの味付けでパクリ。

 

当たり前だが、べらぼうに美味い!美味すぎる!!!家で一人、にやけてしまった。

 

骨に残った身、腹骨周り、カマなど、丁寧に丁寧に食べ続けた。さすがに写真は撮ってないが、ほとんど骨しか残らないくらいに食べ尽くした。

 

火を通したシマアジを食うのは実は人生初だが、刺身とは違った美味しさがそこにある。20分程度食い続けて、合掌の後、箸をおいた。

 

わずかな出費でこれだけの満足度。調理が面倒とかそういうのを抜きに、みんなもっとアラを食べればいいのにと本気で思う。

 

さて。

 

ついにシマアジを追加し、これで残りは67品目となった。満足、満腹、素晴らしい!

 

やはりアラってすごい!このことが一人でも多くの人に伝わることを願いつつ、晴れ晴れとした気持ちで寝ることとする。