俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

僕はあらゆる水産物を賞味したい。~偶然の出会いに超感謝編~

先週月曜日、鮮魚の種類が豊富な、行きつけのスーパーに行った。

 

しかし完全に失念していたのだが、そのスーパーの定休日は『土日祝』。こないだの月曜日は祝日であることに、着いてから気づいたのだ。

 

この15分のドライブは一体何だ。このまま何の収穫も無しに帰るとか超イヤだったので、近くのスーパーに向かう僕。

 

そして一直線に鮮魚コーナーに行き、そしてそこで見たものに、僕はとてつもなく驚いた。

 

今日はその偶然の出会いに感謝しつつ、短編をしたためようという次第。

 

 

 

まさか・・この魚のアラがあるのかよ!?

 

まず僕が仰天したもの。それは、『この魚』のアラだ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20191110133446j:plain

まさかの『オーロラサーモン』である。

 

昔鮮魚を扱う仕事をしていた頃、全てコイツはフィーレ(三枚おろしの片身)の状態で店に来ていたので、そもそもアラという概念が無かった。

 

それが存在するとは・・・。298円はアラの中でもそこそこの値段だが、気づけば手を伸ばし、買い物かごに放り込んでいた。

 

調理法を考えるのは帰ってからでいい。だが、せっかくなら、食ったことない魚も食いたいなと。

 

そこで、もう1種買って帰ることと決めた。

 

知名度はそうでもないが・・?

f:id:pochihiko_inunosuke:20191110133917j:plain

次に買ったのはこれ。『メンタイ』というもの。ただし『メンタイ』は地方名であり、正式和名はヨロイイタチウオという。

 

https://www.zukan-bouz.com/public_image/Fish/189/Thumb630/yoroiitatiuo.jpg

https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%A8%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%81%E3%82%A6%E3%82%AA

 

うーん、なかなかにパンチが効いたフォルムだ。

 

これまた前の仕事の話なのだが、この『メンタイ』、とにかくよく売れていた記憶がある。

 

見た目だけならまず手を出さないだけに、きっとそうではない魅力があるのだろう。するとそれは、『味』に間違いないハズ。

 

不思議とずっと手に取ってこなかったが、その日はカゴにポンとそれを入れ、さっさとレジに持って行くのであった。

 

調理と実食!

 

まず、オーロラサーモンのアラ。いつも通りなんちゃって塩焼きにしようと思ったが・・

 

中身がボリューミー過ぎて挫折。仕方なく、ちょいと薄めの塩水で、コトコトと煮込むことにした。

 

一方メンタイについて。パックを空けると、少しだけ独特な香りがした。形容しづらい香りだが、悪臭と言う程ではない。

 

魚特有の生臭さを濃くしたような感じ。ちょっとだけ心配になったが、それはぶっちゃけ杞憂に終わる。

 

こちらはシンプルに、薄く片栗粉をまぶし、ソテーにした。身の質はどことなくタラっぽい。

 

調理時間総計は、大体30分程度。キッチンが魚の薫りで満たされる。

 

では、いざ実食。

 

実食。

f:id:pochihiko_inunosuke:20191110134722j:plain

まず、オーロラサーモンのアラから。ブロックのそれは、あまりにも勿体ないので加熱調理したことはない。

 

そんなワケでどう味が変わるか楽しみだったが・・。ああ、コイツは火を通してもべらぼうに美味い!脂のノリが違うし、そもそも脂が美味い!!

 

特に頬、頭、背骨付近、肋骨付近の身が美味しかった。酒も買っていたが、しばらく開けることなくサーモンに夢中になってしまった。

 

それくらいの美味。きちんと並べてさえあれば、僕はお店で1000円くらいしてもオーダーする。

 

さてさて。次はメンタイだ。

 

まずは味付けせずに食べてみたが・・・。よく売れる理由が一発で分かった。この魚、見た目から想像できないくらい上品な美味さである!

 

例えて言えば、『脂ののったタラ』である。味が淡白な分、色々な味付けに合いそうなのもポイントが高い。

 

こちらも一瞬で完食してしまった。

 

美味い魚。美味い酒。楽しい時間はいつもあっという間である。偶然の出会いに感謝し、僕は合掌の後、就寝とした。

 

―ということで今回は『メンタイ』を追加し、残り魚種は66種となった。

 

そろそろこのブログも200記事に乗ってしまうし、なんか一発ドカンとこれに特化したこと、やってみたいナァ。

 

という独り言をもって、今日はおしまいとする。