俺のぬし釣り

102種類の魚を釣る。そして新たな自然の素晴らしさに出会えることを夢見て。

『超美味いサバが、腹いっぱい喰える!』 広島県広島市『SABAR』を紹介する。

僕は基本味音痴なので、ある特定の店に入れ込んで何十回も通う・・というのはほとんどない。

 

だが、今日ご紹介する『SABAR』というところは、その数少ない例外だ。

sabar38.com

 

各地方に出店しており、またカンブリア宮殿で特集されたのもあり、とにかく繁盛していることが分かる。(そして納得である)

www.tv-tokyo.co.jp

 

広島県広島市限定というワケではもちろんなく、僕が通うところがそこにある、というだけなので、勘違いされぬようお願い申し上げる。

 

では、どんなお店なのか?なぜ僕はハマっているのか?それは以下に書いておく。

 

 

 

徹底して、サバ、サバ、サバ!

f:id:pochihiko_inunosuke:20200103231145j:plain


ここの最大の特徴にしてウリなのは、『徹底してサバづくし』であることだと感じる。とにかくインパクトがすごい。

 

まず、徹底してレイアウトもサバづくし!天井からはサバの形のプレートがぶら下がり、壁にはサバのトリビアが書いてある。

 

ついでに閉店時間も、こだわりの『22:38』(or23:38)!思わず舌を巻くこだわりだ。

 

もちろん、料理も徹底して『サバ』。今日はたまにはアジでも・・といった妥協は一切なし。どこまでも、サバ

 

あまりにもサバサバしているので、初めていく友人からは、『飽きないの?』と心配されることも多い。

 

―先に言っておこう。全然大丈夫だ。

 

サバ一本なのは間違いないが、料理法は別。刺身からフィッシュアンドチップスまで、その種類の多さたるや、20数回行ってる僕でも食べきれてない程だ。

 

もちろん、その全てが超絶品!ただでさえ脂の多いサバなのに、『トロサバ』となれば、もう全身大トロとでもいうべき脂の量だ。

 

さてさて。

 

色んなメニューを食べてきたが、やはりまずは刺身等で『トロサバ』を食べるのがオススメだ。サバの概念がひっくり返る

f:id:pochihiko_inunosuke:20200103231544j:plain

 

携帯の画像フォルダを漁っていたら、この4種盛り(カルテット)の写真が10枚くらい出てきて少し笑ってしまった。どんだけ好きなんだ俺は。

 

その後は、日によってユッケを食べたり、なめろうを食べたり、フィッシュアンドチップスを食べたり、本当にバラバラだ。だって全部美味いから。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20200103231714j:plain

串焼きなんてのもある。特に大根おろしが乗ったヤツは、サバの脂のこってりさと絶妙にマッチしてすごく美味しい!

 

でだ。正直この店に来たら、絶対欠かせないのが・・・。

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20200103231807j:plain

f:id:pochihiko_inunosuke:20200103231814j:plain

メガとろさばの塩焼きだ。これは骨の髄までむしゃぶりつきたくなるほど、どこを食っても美味い!脂のノリも半端じゃない!

 

f:id:pochihiko_inunosuke:20200103231914j:plain

美味しいお酒もちゃんとあるので、ついつい飲み過ぎちゃうのが数少ない弱点かなぁ。まぁ、そこは僕の自制心だけど。

 

大体4~5人で行って、一人頭3~4000円という価格帯なのも嬉しい。

 

(一度だけ、開店から閉店まで居ちゃったことがあり、その時は8000円を超えた。これはどう考えても例外。)

 

もう営業は開始しているし、予約もネットからサクサクっと取れる。

 

徹底して美味いサバを食べさせてくれる名店、いかがだろうか。

 

それでは今日はこの辺で。