読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のぬし釣り

自然の生き物とたくさん出会うことを目指して。

ぬし釣りっぽいとこに行ってみよう! 場所探し・前編

ぬし釣り64を現実世界で!

みたいなことをテーマに立ち上げたブログだが、最近ややレールから外れ気味だなとは僕も実感する次第。

 

メインは虫とか草じゃなくて、やはり魚、ひいては釣りにすべきだ!

ということで、ここで一回原点に立ち返ろう!

 

現在自由人(意味深)という身分なので、時間はある。(涙)

つまりはあちこちにいけるということ。

 

そこで今回は、まず計画として、ゲームのぬし釣りに登場するフィールドっぽいとこに目星をつけてみよう!

まずゲームにはどんなフィールドが出てくるのか?

ぬし釣りには、「河口」「防波堤」「下流」「沼」「池」「中流」「湖」「清流」「山上湖」「渓流」の10のステージがある。釣堀という施設もあるが、今回は何か違う気がするので除外。

では順繰りに、これらのフィールドっぽいところを、僕の居住区近くで探してみよう。

これを見られたら僕の大体の住んでるとこがバレそうだけど、まぁいいや。

 

河口

河口について辞書で引いてみると、「河川が海や湖に注ぎ入るところ」とある。

ゲームでは河口ステージで海水魚がメインに釣れるので、今回は河口の定義を、

「河川が海に注ぎ入るところ」としよう。

 

とすると、さっそく心当たりがある。

 佐波川河口である。

見えるところだけみたらよくわからないが、佐波川というでっかい川が海に流れ込んでおり、ザ・河口である。

今後は河口へ行く!と決めたら、とりあえずここに行こう。

 

防波堤

防波堤に関しては、候補だらけなので割愛。

実家の近くにも、下宿先の近くにもある。

 

下流

これまた定義がめんどくさそうだ。

ゲームだと、コイ、ボラ、ウナギ、さらにはハクレンだのコクレンだのが釣れたりする。当然?だが、僕はこれらの魚が釣れる場所に心当たりはない。

色々考えたが、近い魚種が釣れる場所として、1つ浮かんだ。

 マップの場所が正確だという自信はないが、夜市川である。

コイ、フナ、ハヤ、ウグイ、ナマズといった魚影が濃く、ミミズでも持っていけばとても楽しめる、正統派?な川である。

下流かどうかはよくわからないけど、近いからまぁいいだろう。

 

これの定義、めちゃ難しくね?

ドブとも違うし、なんだかなぁ・・・。

そもそも池との違いを教えてほしい。

 

・・・・まぁ愚痴ってても仕方ないので、記憶の中から沼っぽいところを探してみた。

 それがここ。秋吉台近くの沼、もとい野池である。

 池って言っちゃってるが、ここの水はいつでも茶色く濁っている。まさに

 

ということでここはだ!

 

まぁ、野池でいいよね。

ということで、ここ!↓

野池 三度目の正直編。 - 俺のぬし釣り

で登場した野池を池ということにしよう!

正確な場所はまぁいずれということで・・・。

 

さて、いろいろ埋め込んだせいか、記事がとても重たくなってきたので、今回はここまで。

後編に続く!