俺のぬし釣り

釣りを通じて魚と自然を愛でる。ただしクセの激しいオリジナルな方法で。

釣魚調査レポートNo.13 秋穂の怪魚・アカエイをまずは調査じゃオウイエア!

晩酌して寝て、軽い二日酔いのまま昼から飲んで、そしてこれからまた飲もうとしている病人、中元です♡GW明けたらガチ減量するから許してや・・

 

さて。もうあれから何日経ったんじゃいという話だが、(たぶん)アカエイに、秋穂で竿をブチ折られた。(正確には吹っ飛ばされて、岩に激突)

youtu.be

pochihiko-inunosuke.hatenablog.com

 

ではなぜその正体をアカエイと思うのかという話だが、その1週間後に同じ場所でその生息を確認したためである。(しかも2匹)

f:id:pochihiko_inunosuke:20210430012409j:plain

 

 しかもしかも、秋穂にはでかくてグネグネした謎の生き物もいるというのも目撃!結構なロマンが潜んでおるわ!!

f:id:pochihiko_inunosuke:20210430012445j:plain

※想像図

 

 だから僕は、何とかこのアカエイを釣りたいな~って、本気で考えている。手持ちの道具の中でも最強なのを選べば、イケるんちゃう?

 

今日はそのための作戦を、調べてまとめるという話である。

 

 

推奨タックルはどれくらい?

 

今回は必要な情報全てがまとまっていた以下のサイトを読み込んだ。

tsurihack.com

 

これによれば、1m弱の怪魚クラスだと、PE2号でも即千切られるという破壊力らしい。

 

タマン用のロッドを使ってるけど、それって凄まじいパワーがウリの磯の巨大魚ですやん・・・(値段もメガトン級)

f:id:pochihiko_inunosuke:20210504193531p:plain

「タマン(ハマフエフキ)」打ち込み釣りの魅力と必釣法 - 【沖縄冒険日誌】しままや~


でも、「サイズ次第ではショアジギング用で十分」という旨の記載もあったので、これは救われた。一応、ジギング用の竿は持ってますさかい。

 

あとは針については、管付きの深海針18号前後とか、オモリは誘導天秤とか、ゴツゴツのタックルが紹介されていて引いた

 

僕はトンデモナイ何かに挑もうとしてるんじゃなかろうか。経験値を無茶苦茶貰えそうな案件だぜ。

 

尚、餌は【サンマやイワシの切り身】が推奨されていたので、前回のアタリはマジでアカエイじゃねという思いが確信に変わっていく。

 

はい。ざっくりしたタックル調査はまとまっていたサイトのおかげで一気に片付いたので、続いては秋穂での釣行のシミュレーションを考えたいと思う。

 

秋穂の怪魚イメトレの巻。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210504194026p:plain

【アカエイ釣り】ファンが急増中(?)らしいので都内から日帰り釣行してみた|TSURI HACK[釣りハック]


さて。アカエイの生息地は、砂泥かつ水深は浅い、水流がそこまで強くないところだという。

 

その条件を航空写真や前回の釣行の記憶から探してみると、以下のエリアじゃないかなと見えてくる。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210504194407j:plain

あと結構大事なのだが、多分防波堤の上から釣ると引き上げられないので、ズリあげが可能なように、船の止まっている側から挑戦してみようと思う。

 

さて。あとは仕掛けの紹介。手持ちでロッドの強度的に最強なのは、【リアルフュージョンというブランド?である。

www.mcworks.jp

 

それに全然似合わないバイオマスターを装備する。PE3号くらい、巻いたんじゃないかな?

 はい。これらをびくびくしながら置き竿にして、ポイント付近に投下し30分程度待つのがミソっぽかった。

 

生息していればすぐに食うし、付近にいなくても匂いに惹き付けられて寄ってくるらしいからだ。

 

確かに昔、黄金伝説という番組の一環でエイを釣っていたが、投下後かなり経ってからエイが接近して餌を食っていた映像を観た記憶がある。

 

今度こそ竿を無くせば総額6万円以上が海に消えるので、竿尻ベルトかワイヤー、絶対に買うことと致します。

 

はい。こんなセット、2つと持っていないので、当日はこれだけを投下してそれに集中する流れとなりそうだ。

 

尚、時間帯的に夜の方が、人も少ないから迷惑かけづらいし、良さげと判断。5月どっかの休日夜、秋穂に出没してやろうと考えとります。

 

終わりに。 ~ぐねぐねは何だ?~

 

実はこないだの【ぐねぐね】について、結構「マジか!」と思わされる正体の考察を、コメントで頂いていた。

 

 ちなみに、やっぱ秋穂のはアカエイだったん ですねーやはり。。。 なけど、白っぽいならばハモでわ⁇ あの魚もなんやかんやで結構良く居ますし なにかしら魚影が確認できたならば 底物な気がします^ ^

 

そこでその魚影を調べてみると・・。似てる。マジかよ、考えてもみなかった!!

fishingjapan.jp

 

その後も色々調べたところ、ハモもサンマの切り身に食ってくることが判明。秋穂の怪魚、同時に狙える説

 

引きずり込まれて死ぬクラスでは流石に無いけれど、油断したら噛まれたり刺されたりというリスクはあるヤツばっかりですな。なんなん、秋穂!?

 

ワクワクはするけれど、一人で行くのは怖いかな~というビビりが発生しちゃいましたトサ。

 

では今日はこの辺で。

週1~2回更新は死守!ぜひ読者ボタンをぽちっとお願いします!

(めちゃくそ励みになります)

 

※日頃の釣行やブログネタ探しを中心に、Instagramも(たまに)更新中!

https://www.instagram.com/nakatoshi0809/

f:id:pochihiko_inunosuke:20210118162739p:plain

 

※無謀ながらYouTubeもやっとります

www.youtube.com

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村